沙井金牡蠣祭り
「沙井金牡蠣祭り」は広東省国際旅行文化祭り項目の一つで、2004年に催しはじめられ、2019年まで、すでに十六期催しました。金牡蠣祭りの引き続き開催は、宝安、沙井の知名度を引き上げ、沙井文化旅行仕事と沙井牡蠣及び関係産業の発展を推進し、沙井群衆文化体育活動を豊富にさせることに対して、重要な意義があります。
沙井で牡蠣を養殖してきた歴史は宋時代まで遡及でき、「千年牡蠣の香り」は人をうっとりとさせます。改革開放前、沙井の牡蠣民は嘗て多く、6000人余りも達成し、経済、工業の発展することにつれて、牡蠣田はほとんど全部商工用地に企画されました。1993年、沙井は政策を推し出し、牡蠣民が沙井から歩き出すことを励まし、サポートし、沙井人は了中国第一回牡蠣業界産業の異郷への転移を展開し、「沙井牡蠣」という伝統的なブランドを完璧に保存し、中国水産史上における一つ大きな奇跡を作り出しました。「千年牡蠣郷」という伝統的な文化を留保するために、2004年から、沙井は每年すべて「金牡蠣祭り」を催し、千年「牡蠣文化」を伝播します。
2004年から、毎期沙井「金牡蠣祭り」ともとても特色があり、イベントは伝統的なイベントを除き、また、沙井文化旅行イベント、沙井星光大道の「陽光の星」と誉められる沙井歌手総決勝、沙井スナック無料味わいなど群衆の参加度が高いイベントを増やしました。イベントに全部参加するには、ガイドマップは欠けないはず、沙井街道はまた、人間化的に数万枚Qバーション路線図と「百事知り 沙井へ通る』を印刷し、可愛く、活発な形を以て、各項のイベント及び沙井の有名な文化財単位、旅行観光スポットをマークし出し、あなたを助け、「金牡蠣祭り」で沙井を思う存分遊覧します。