大鵬アウトドアカーニバル
9月20日、深センは初のアウトドアスポーツをキャリアとする旅行文化ブランドイベント——2019深セン大鵬国际アウトドアカーニバルは、深セン市大鵬新区旅行誠実・信用連盟で盛大に開幕しました。今期カーニバルは「海へ向けて、楽しい·鵬のように未来へ飛んでいく」というテーマを延長し、3カ月続き、市民のために特色ある素晴らしいイベントを6回呈します。
2019年は新中国が成立した70周年であり、社会主义先行示範区が深センで定住した新しい出発点でもあり、佳兆業国際楽園グループは大鵬新区と手を携え、第八期深セン大鵬アウトドアカーニバルを催し、「探索」、「保育」、「伝承」というアイデアを受け継ぎ、民衆のエンターテインメント・レジャー生活の新しい主張と結び合い、イベント内容と形において、新しい突破を求め、海洋保育、エコ建設、伝統的な文化慣習、特色ある文化体育試合、やビーチ音楽カーニバルという五つ大きなコア内容をめぐり、開放した海洋文化とアウトドア暮らし方を展示し、大鵬が世界レベル浜海エコ旅行の新しい名刺となることに助力します。
今期カーニバルは大鵬海洋奇跡に対する探索と保護です。2019カーニバルは珊瑚瑚保育イベントをもう一度スケージュール企画に納め、「大鵬をこっそりと愛する」珊瑚公益組織と協力し、公益バザール、ブランド公益イベント、潮間地帯教育教室、公益慈善販売、ボランティア珊瑚保育行動、海洋音楽会など海洋テーマイベントを展開し、公衆、企業、政府や各類社会組織のクロス業界の参加を激発することに取り組み、海洋産業の発展とリソース保護利用に共同関心します。
今期カーニバルは大鵬海洋奇跡に対する立会いと理解でもあります。大鵬新区は深センのエコ「基石」で、森のカバー率は76%にも達し、海岸線の長さは133.22キロメートルで、大小が等しくない54の黄金ビーチを持ち、環境は美しい。「千園の城」に落地する大鵬支会場イベントを通じ、大鵬庭園の建設成果を展示し、大鵬の優れたエコリソースを伝播し、市民がグリーン産業と持続的発展可能に注目すると呼びかけます。
今期カーニバルはまた、大鵬文化奇跡に対する科学普及と革新でもあります。大鵬秋の幸せ祈祷灯会は大鵬の伝統的な民俗イベントとして、同日に百年古い寺の東山寺で催され、経音仏号につれて、300人市民の心の中の麗しい願いをキャリアする幸せ祈祷水灯は夜空を輝かしく照らし、中華民俗文化をもう一度人の心まで深入られます;青少年へ向けて、国粋運動を発揚するために、カーニバルは「中国将棋エリート招待試合」を催し、青少年将棋愛好者を中国将棋特級国際大師と直接に対局させ、車馬の縦横間で破局の道をさぐります;この他、美周カップヨットレースは大鵬七星湾で熱烈に試合を開始し、ヨット愛好者のために競技のコミュニケーションプラットフォームを提供します。
今期カーニバルは更に大鵬音楽奇跡に対する宣揚と延長です。すでに三年間連続し、作为大鵬カーニバルフィナーレで大きな贈り物である金沙湾音楽祭りとして、11月末の佳兆業金沙湾国際楽園で引き続き優しく歌い始めます。2019金沙湾音楽祭りは、やはり多様な音楽スタイルを選び、若い表現方法、ユニークな芸人陣容、幼い頃の暖かい思い出を内包し、新興時代のラップ・パワー、バンド夏中の若い力など。この他に新奇で、面白いインタラクティブ装置、ユニークで個性的な文化クリエイティブバザール、美味しいネットワーク人気グルメは、大衆のために忘れがたき浜海音楽の旅をもたらします。
今回大鵬国際アウトドアカーニバルを契機とし、文化旅行が融合・革新発展する原則を受け継ぎ、大鵬国际アウトドアカーニバルの影響力を更に拡大し、大鵬新区全域旅行は深セン先行示範区で先立ち、発力するために企業の力を貢献します!