深セン駅

深セン駅(Shenzhen Railway Station)は広東省深セン市羅湖区に位置しており、羅湖開港口に近寄り、広深鉄道の南端の出発点です。1950年に建設しはじめ、広州鉄道(グループ)会社に所属・管轄され、現に一等駅で、広深鉄道を通じ、北が京広、京九鉄道と繫がり、南が香港九広鉄道へ通じ、香港と一ツ橋しか隔たらないし、深セン羅湖開港口と緊密に連なり、内地と香港・マカオ、中国と世界を接続する重要な中枢です。
当該駅は1990年6月に着工・改築し、1991年10月に使用に投入しました。改築後、4座ホーム(6ホーム平面エリア)、8本線路に増やし、建築面積は9万平方メートルあり、每日列車は何便もあり、深センと中国国内の各大きな都市を行き来しております。当該駅は深セン地下鉄1号線の出発点の羅湖駅和羅湖国境警備検査ビルで、観光客は羅湖国境警備検査ビルで、出国手続きを取り扱った後、香港へ行き、九広東鉄に乗り、九竜と香港東部の新しい市鎮へ行くことができます。

歴史的沿革

1983年7月、深セン駅の建設工事が着工し、開港口共同検査ビルと繫がり合うために、電動階段、二重通行者橋…現代的雰囲気に満ちた様々な設備がこの1911年に建築しはじめた国境の小さな駅に導入され、百年の夢、深セン駅はこれから何回も華麗なる変身しはじめ、今日に至り、1日間当たり運行している旅客列車の最も高さは130ペア近く、1日平均利用客数が延べ9万人の華南開港口の鉄道中枢となりました。

1991年10月12日、2.2億元を投資し、建築面積が9万平方メートルである新しい深セン駅は落成した際、小平同志は喜んで「深セン」という二つ大きな文字を書きました。

改革開放前

解放後から、1980年前まで、深セン駅はまだとても粗末な三等小さな駅であったのみ。

駅には切符売りウィンドウが一つ、二本線路しかなかったし、露天待合室にベンチを四本並べ、トイレ無し、夜には灯油ランプと蝋燭で照明し、毎日接待した百人ぐらいの旅客はほとんど漁民と野菜農民でした。1950年、駅は東門旧い街から羅湖橋のたもとまで移し、香港羅湖駅と一つ橋しか隔たりません。駅の職員は自分で手を動かし、木と板を切り、屋根を作り、枕木を支え、柱にし、第一世代の待合室を建て済み、駅構内の面積は35平方メートルしかありませんでした。駅の地勢が比較的低く、周囲はすべて泥沼と田んぼで、雨が降ったら、水浸しになり、駅の職員は泥沼を掘り、石炭の滓を担ぎ、鉄道の両側を高く敷き、第一番目のホームを建築済み。

その時に駅の入口の前に小さな広場が一つあり、タクシー、中型バスや大型バスはそこに押し合い、広場上で慌ただしく行き来する旅客を除き、香港同胞を送迎する親友でした。旅客は広場から階段を上り、チケットホールと待合室に入り、左側には出入国ホールで、国境警備検査ステーションと税関役員がガードし、出入国通路から、一望すると、羅湖橋が見えます。

毎日四、五便列車しかなかったし、アナウンサーは声が少し高くしたら、旅客全員を知らせ、乗車してもらえました。ちょっと思いもかけない仕事があった——ホームに上がり、稲、草を取り抜くことでした。その時に香港へ供給する物質はすべてここから出され、上質な稲の実を含み、粟を搬送していた時に、いつも砕石で舗装された鉄道の土台上にこぼれ、野草と一緒に気まぐれに成長し、列車の輪まで高くほど至られ、全部職員が手で抜き取り、そうでないと、列車の運行を妨げたから。

改革開放の春風は辺鄙で、寂しかった深セン駅を覚ましました。1980年後、深セン駅は全国各地から建設者が殺到し、客の流れが激増し、駅の改築・増築仕事は次々と展開しました。1983年の改築工事は比較的大きく、一座の新しい駅、一棟の共同検査ビル、一座の歩道橋などプロジェクトを含み、深セン駅は三等駅から二等駅に上昇しました。

改革開放の初期

その時に駅は香港投資を導入し、駅の旅客食堂を協力経営し、全国鉄道第一社、香港ビジネスマンと合資経営する企業を扱いました。駅前の旅客通路の両側に次々と屋台、ファストフードレストランや小さな店を建て、商品は歯磨き粉、タオルなど日用品から食品、陶磁工芸品、服装、家庭用電器まで、全部揃っていました。

1980年から1990年まで、駅は毎日始発した旅客列車と旅客発送量は逐年に上昇し、1990年までに、25便旅客列車を運行し、発送旅客は延べ2.2万人まで発展してきました。1985年2月、深セン駅は二等駅から、また、一等駅に引き上げました。

その時に列車に乗り、深センへ行った人の特徴が鮮明で、手に布団・衣服を提げ、都市へ出稼ぎする農民がいれば、一人でリュックサックを背負い、起業する若者もいた…駅はまるで国境貿易市場になったようで、旅客は列車を待ちながら、ショッピングし、とても多くのものはその他地方で買えにくかったり、価格が高かったりしたから、列車に乗ると、皆大きかったり、小さかったりする包で持ち歩きました。

深セン特区の高速的発展につれて、深セン駅の客の流れ量は倍に激増し、既存した駅構内の規模と施設設備はもう完全に需要に適応できなくなり、新しい旅客輸送駅は議題日程に上がりました。

1990年6月、深センの新しい客駅は着工し、その時に旧い駅を全部爆破し、取り除き、旅客の乗車・駅を出るを全部一時的に西側の和平路当たりまで移し、施工の組織と正常的客の流れの組織の難しさが極めて大きかったが、最後に施工は遅れず、列車に乗っても、遅延せず、もうもうとする客の流れは工事現場から通り過ぎても、誰も怪我しないことで済みました。

新しい駅を建築した後、敷地面積が2.8万平方メートルで、総建築面積は9.6万平方メートルで、資金を2.2億元費やし、マルチ回路・マルチ情報ソースの放送システム、閉路テレビ監視システム、電子切符売りシステム、消防自動アラームシステムなど進んだ旅客輸送サービス施設を配備しました。

鄧小平同志は自ら深センの新しい客駅のために駅名を「深セン」と書きました。旧い駅長の楊栄の思い出によると、その時に深セン市委書記、市長として、勤めていた李灝は北京へ行き、小平同志に題辞を書き記していただいた時、ご老人は特区の並外れた発展に対する期待から、単に駅のために題辞を書き記すだけではなく、深セン人民のために題すると決め、このため、わざわざ「駅」という文字を少なく書きました。深セン駅はこのため、全国で小平同志が題辞した唯一の駅となり、同時にも唯一「駅」という文字のない駅名でもあります。

1991年10月12日、深センの新しい客駅は建設済み、使用の投入し、その時に国務院総理として、勤めていた李鵬は、深セン駅を視察し、且つ題辞した:「深センの新しい駅の管理を強め、文明のウィンドウを創建する」、その時に国務院副総理として、勤めていた田紀雲は新しい駅の落成のために、リボンを切りました。

20世紀80年代の深セン駅

2003年、深セン駅は最も大規模な整理・改造を一回行い、広深短距離的客の流れと長距離的客の流れと切り離しました。

2004年12月28日、深セン地下鉄一号線羅湖駅サイトは正格に開通運営し、それとセットする駅の広場地下鉄交通層は使用に投入しました。

2005年8月、駅と羅湖開港口を接続するギャラリーが開通しました。

2005年10月、二年間続いた駅旅客輸送改造工事が竣工し、バス、タクシー、地下鉄、列車など各種の交通を一体と集めたシームレスに繋いだ立体交通中枢は形成しました。

交通の乗り換え

軌道交通:地下鉄1号羅宝線羅湖駅

バス:

駅の東広場:1番; 7番; 12番; 17番; 25番; 25区間線; 38番; 82番; 83番; 97番; 101番; 102番; 205番; 215番; 302番; 306番; 306区間線; 352番; 387番; k538沙井線; k538松崗線; m401番; n14番; n15番; n16番; n18番; n2番; n4番; n7番; 空港2線

駅の西広場:2、8、18、28、61、207、228、309、321、空港エクスプレス330、M3738番;b842番; 空港1線 駅(337ターミナル):337番

販売代理網点

保安捷達通関行

経営範囲: 列車チケット代理販売

住所: 深セン宝安区前进一路35区安華工業区282号[3]

公明安順列車チケット代理部

経営範囲: 列車チケット代理販売

住所: 深セン市光明新区公明街道長春南路富豪ガーデン9棟101

方創実業有限会社

経営範囲: 列車チケット代理販売

住所: 深セン龍崗区平湖鎮双擁街天和商場

広深鉄旅彩福チケット売り場

経営範囲: 列車チケット代理販売

住所: 深セン市福田区彩田南路彩福ビル3#

迅発実業発展有限会社

経営範囲: 列車チケット代理販売

住所: 深セン市福田区上沙村福民新苑

安達列車チケットサービス有限会社

経営範囲: 列車チケット代理販売

住所: 深セン市福田区景田路景田西6棟29号

迎賓館

経営範囲: 列車チケット代理販売

住所: 深セン羅湖区新園路13号

芙蓉ホテル有限責任会社ビジネスセンター

経営範囲: 列車チケット代理販売

住所: 深セン東門南路芙蓉ホテル一階

広深铁旅草埔チケット売り場

経営範囲: 列車チケット代理販売

住所: 深セン市羅湖区布吉路草埔ビル一階(英麗華グランドホテルロビー)

恒达科学技術有限会社

経営範囲: 列車チケット代理販売

住所: 深セン福田区科学技術団地中区33棟

深セン北駅

 深セン北駅は深センが目下唯一の特等駅で、駅の住所が広東省深セン市宝安区龍華新区民治街道で、敷地面積が240万平方メートルです。深セン北駅は深セン鉄道「両主四補」という旅客輸送レイアウト(両主:深セン北駅と深セン駅、四補:深セン東駅、深セン西駅、深セン坪山駅、福田駅)の最も中核な駅であり、深センは目下建設した敷地面積が最も大きく、つながり機能が最も揃っている特大型の総合的な鉄道中枢でもあり、我が国鉄道の新型建物駅の象徴的な工事となり、深セン市で規模が最も大きく、設備技術が最も進んで、客のトラフィックが最大の駅です。

深セン北駅はすでに開通した広州・深セン・香港における旅客輸送の専門線(北京-香港旅客輸送の専門線の南段)、アモイ-深セン鉄道(杭州・福州・深センという旅客輸送専門線の南段)や企画中の深セン-茂名高速鉄道、企画中の汕頭・深セン・香港鉄道、建設中の南昌-吉安-贛州鉄道、企画中の贛州-深セン鉄道の合流点及び旅客輸送中枢駅、や深セン-東莞都市間鉄道(企画中)、深セン-恵州-汕尾ライトレール(企画中)の通過駅で、2007年に着工し、2011年6月22日に試運営しました。

深セン北駅は11のホーム(2つ側式ホームと9つ島式ホーム、合計で20ホーム平面エリア)20本線路を設けており、年間で発送する旅客は延べ5200万人にも達する予定です。その中で広州方向行きは每日133ペア発車し、香港方向行きは60ペア発車し、最も小さな発車間隔は3分間しかありません。

地下鉄:4号線(龍華線)、5号線(環中線)、6号線(光明線)(建設中)。

住所:広東省深セン市宝安区龍華新区民治街道

駅の位置

2015年、当該駅は开行深セン北から始発し、北京-広州高鉄、広州-深セン-香港旅客輸送専門線、杭州-福州-深セン旅客輸送専門線、南寧―広州鉄道、貴陽-広州鉄道、重慶-利川鉄道、鄭州-西安旅客輸送専門線、北京・福州高鉄沿線へ行きの客車を運行しはじめました。なお、月曜、金曜、土曜、日曜ごとにまた、北京西駅と上海虹橋駅方向へ行きの高速道路EMU寝台車を運行します。

2018年、深セン北駅から开往香港西九竜駅方向へ行きの都市間列車を開通し、深セン北駅は広州-深セン-香港旅客輸送専門線、新衡陽方向への高、中速鉄道、及び杭州-福州-深セン旅客輸送専門線のアモイ方向へ行きの終始駅となり、2020年まで、每年旅客の発送量は延べ4450万人にも達成します。

深セン北駅工事は二つハイライトがある:

一は伝統的な駅と比べ、深セン北駅はバス、地下鉄、タクシー、長距離旅客輸送、車など都市交通形式を全部整合し、旅客は駅構内で「ゼロ乗り換え」の便利さを楽しめます。

二は国内の駅がすべて取り入れた上層から駅に入り、下層から駅を出るという人の流れ組織の形と異なり、中枢の步行者流れの乗り換え、集散交通層を中心とする流線組織と取り合わせるために、国家鉄道は最初深セン北駅で「上で入り、上で出る」という人流れ組織を実現し、これも目下国内で唯一の人流れ組織は「上で入り、上で出る」を採り入れた大規模な駅です。

駅の機関

10の行政課室を設け、党・大衆オフィス、行政オフィス事務所、人事労働給料課、計画財務課、安全技術課、旅客輸送サービス課、職員教育課、保衛課、収入道路風課、当直室、下には6つ職場を設け、旅客輸送職場、チケット売り職場、虎門(駅)職場、恵州南(駅)職場、潮汕(駅)職場、福田(駅)職場。

駅の構成

説明:深セン北駅全体は東が低く、西が高く、その他駅とちょっと異なり、そのため、東広場の3Fと西広場の1Fは同一フロアです。

自家用車での送迎は致遠中路の西広場P3駐車場/やP1駐車場の左入口(右入口はホテル及び出口へ行き)に入り、駐車スピースは以下に分けられる:(象のマーク)北1タクシー、中型バス・大型バスの送迎は致遠中路西広場専用駐車場に入ります。

自転車には専用道無し。

交番所は二つあります。

保安亭は16個あります。

駅の構造

深セン北駅の建築総面積:182074㎡、含む:

①部屋建築面積:74573㎡,

②駅前プラットフォーム:34146㎡,

③主体屋面は南・北側に張り出す:4292㎡,

④ホームの柱付き雨よけの庇無し:68488㎡(鋼構造のカバー面積)。駅の建物カバーの長さは413mで、幅は208mで、投影面積は約85000㎡です。

深セン北駅建築の層数、総高さ:地上二階建て、総高さ:43.602メートル;深セン北駅設計の使用年限:部屋構造は50年間に従い、耐久性は100年間に従い、考えます。構造の形は大スパンの空間構造で、構造の安全レベルは一級です。耐震強度は七度で、八度に従い、相応的な耐震措置を講じます。基本的風圧は0.9KN/㎡です。

都市の距離

下表は深セン北駅から出発し、国内で主な都市へ行く基本的情報です。(直行可能な都市)

目下深セン北駅から出発し、

広州南駅へ行き来するには最も速いのが29分間です

アモイ北駅へ行き来するには最も速いのが3時間40分間です

西安北駅へ行き来するには最も速いのが9時間37分間です

北京西駅へ行き来するには最も速いのが10時間18分間です

上海虹橋駅へ行き来するには最も速いのが10時間40分間です

深センと汕尾市、深汕特別協力区、東莞市、恵州市は五十分間生活サークルを形成しました

深センはすでに5時間生活サークルを形成し、広州、潮汕、アモイ、福州、泉州、漳州、南寧、肇慶、長沙、武漢などをカバーします。

獲得した賞

魯班賞」+「詹天佑賞」: 深セン北駅

深セン北駅は深セン鉄道の「両主三補」という旅客輸送レイアウトの最も中核な駅であり、我が国で建設した敷地面積が最も大きく、建築面積が最も大きく、つながり機能が最も揃っている特大型の総合的な交通中枢でもあり、我が国鉄道の新型建物駅の象徴的な工事となりました。

交通のつながり

地下鉄

4号線、5号線、6号線(建設中)。

備考:4号線のホームは深セン北駅の東広場中枢の5Fにあり、5号線のホームは深セン北駅の東広場中枢の-1Fにあります。

バス

M477番(深セン北駅—崗頭村委員会);

B666番(深セン北駅—華為本部);

深セン北駅鉄道線(下り方向)

深セン北駅鉄道線(下り方向)

B667番(深セン北駅—華為本部);

B730番(深セン北駅—富士康西門ターミナル);

B742番(深セン北駅 - 金色半山ターミナル);

E7番(深セン北駅—同楽ターミナル)

E11番(深セン北駅—南澳ターミナル);

E22番(深セン北駅—東部バス拠点);

M299(深セン北駅—南山中心区ターミナル);

M300(深セン北駅 - 平湖バス停);

M341番(深セン北駅 - 大王山ターミナル);

M343番(深セン北駅—華佳工業区);

M344番(深セン北駅—華強北地下鉄つながり駅);

M347番(深セン北駅—月亮湾総合駐車場);

M352番(深セン北駅 - 新百麗ターミナル);

M353番(深セン北駅 – 龍華バス停);

M354番(深セン北駅—観瀾長距離旅客輸送駅);

M360番(深セン北駅 - 文錦渡旅客輸送駅);

深惠3B線(深セン北駅—恵州市恵陽白石交差点);(深セン恵州都市間バス)

深莞2線(深セン清湖地下鉄駅- 東莞市鳳崗自動車旅客輸送駅)(深セン東莞都市間バス)

備考:バス乗り換えは深セン北駅の東広場中枢の東北処のビル(ビルは3階に分けられ、1F、2Fはバス始発乗客が乗車する上がりエリアで、3Fはバス終点に到着した乗客の降りるエリアです)にあります。深セン-恵州3B線と深セン-東莞2線深センの都市間バス(深センから恵州、東莞へ行く都市クロスのバス。)

自動車旅客輸送

2012年5月28日、深セン北自動車旅客輸送駅が開業し、出発・駐車スペースが33あり、日間旅客発送能力は延べ2万人以上も達成でき、深セン北駅総合的交通中枢の様々な手段がすでに全面的に起用したとメークします。

深セン北自動車旅客輸送駅は深セン北駅の西広場に位置しており、高鉄西出口から一步しか隔たらず、歩いて、百メートル超えず、乗り換えが十分に便利です。深セン北自動車旅客輸送駅は深セン市道路旅客・輸送サービスセンターにより、運営管理され、当該旅客輸送駅は一級C類駅レベル基準に従い、建設し、スマート化、エコ化、人間本位化を一体と集める現代化旅客輸送中枢で、将为深セン北駅高鉄のつながり及び龍華、梅林などブロック住民の外出するために便利な道路旅客輸送サービスを提供します。

2012年深セン北自動車旅客輸送駅は広州、恵州、河源、汕尾(深汕区)、香港(ディズニー、尖沙咀、銅羅湾、香港国際空港)などへ行きの複数本の便ラインを開通しました。

2013年末、アモイ・深線鉄道を開通した後、深セン北駅は広州南駅まで20ペア列車、長沙南駅まで10ペア、武漢駅まで8ペア、郑州東駅まで2ペア、西安北駅まで2ペア、北京西駅まで2ペア、宜昌東駅まで1ペア、厦门北駅まで4ペア、福州南駅まで8ペア、上海虹橋駅まで4ペア、杭州東駅まで1ペア、南京南駅まで1ペア、温州南駅まで1ペア、潮汕駅まで2ペア、南昌西駅まで1ペア、龍岩駅まで2ペアを開通しました。

2014年末、南寧-広州、貴陽-広州鉄道は12月26日に同期して、開通しました。路線が開通した後、深セン北駅は桂林北までの高速鉄道を3ペア追加し、フルコースの最も速い運行時間は3時間30分間しかかかりません。

2014年12月15日に広州鉄道グループから承知したところ、上海―昆明高速鉄道長沙の西湖南段は12月16日に正格に開通し、運営し、これも上海―昆明高速鉄道湖南段のフルコースを貫通したとマークします。深セン北と広州南は12月16日から懐化南駅までの高速鉄道列車を増やしました。深セン北から懐化南までの旅行時間は5時間13分間です。

福田駅

駅名の設置:国家鉄道部門の承認を経て、福田中心区に位置しておる元福田駅(工事名称)に対して、正格に「福田駅」と名付けました。我が国で目下最大の地下駅で、立体式の乗り換え中枢です。

地理位置:深セン福田駅は中国広東深セン市福田中心区の中部、深南大通りと益田路の交差口の下方に位置しており、つまり、福中路と福華三路間の益田路の下で、深セン市民センターに近寄り、周りは深センのセンターCBDです。

概況

着工時間:2008年8月

完工予定時間:2014年初(地下鉄部分はすでに完工し、且つ使用に投入しました)

福田駅——中国第一座地下駅

福田駅は高速鉄道、都市間、都市軌道交通、バス及びタクシーなど複数の交通施設を一体と集めた立体式乗り換えの総合的交通中枢で、駅の総長は1120メートルで、幅は80メートルで、駅は合計で8ライン4ホームを設け、地下三階建ての駅です。駅の総建築面積が約14万平方メートルで、建設した後、我が国第一座地下駅となります。

福田駅の北は武漢と繫がり、南は香港西九竜まで、列車が新型のEMUを採り入れ、速度は200-300キロメートルで、1時間あたり広州及び香港西九竜までの運行時間はすべて約30分間です;バス化の運営モードを採り入れ、5分間ほどごとに列車が一本発車し(2号線駅は地下二階建てで、3号線駅は地下三階建てで、11号線駅为地下二階建てです)、三線駅の総建築面積は約8万平方メートルで、「背」が深セン展示センター全体と相当し、羅湖商業城を10座超えました。深セン市が市を建てた以来、単項投資が最大の交通中枢工事として、当該工事の総投資は約70億元です。

地域の影響

国内で初座都市中心区に位置しておる全地下駅として、築いた後、福田中心区から香港西九竜まで14分間しかかからず、広州の新旅客駅まで約34分間しかかからず、広州、深セン、香港という三地市民の行き来に便利にさせるばかりではなく、その上にまた、深センの都市競争力を更に強め、珠江デルタ地域経済の快速的発展に資します。福田駅の定位は重要な都市間鉄道中枢で、深セン北駅の長距離旅客の流れを積み替え、受け継ぐことを担当する他、更に主なのは深セン、香港の都市軌道交通を一面と繫がりました。

建設背景

福田駅は北京-広州-深セン旅客輸送専門線が新しく追加したプロジェクトです。国家企画に従い、北京-広州-深セン旅客輸送、杭州-福州-アモイ-深セン旅客輸送という二本専門線は龍華に位置しておる新しい深セン駅で合流し、「珠江デルタ」都市の一体化発展を促進し、北京-広州-深セン-香港都市間の連絡を強めるために、2005年に鉄道部は提出し、新しい深セン駅(深セン北駅)で深セン地域鉄道中心旅客輸送駅に基づき、北京-広州-深セン-香港旅客輸送専門線が深セン中心区で増設した地下駅として、通常国際上の高速鉄道はすべて都市の中心に入るはず、そのため、2006年、国家鉄道部は深センと相談して、決め、鉄道を市街地へ導入し、福田駅を増設します。深セン市中心市街地の現状はほとんど建設済みエリアで、広州-深セン-香港高速鉄道は深セン特区に入った後、全部下へ通り過ぎ、「地下」に入り、福田駅も中国で一番目の地下駅となり、その後深センを通り過ぎ、香港に入りました。エピソード「静かな駅」

一つの駅だと言えども、建設した後の福田駅は恐らく「静かな駅」であるかもしれません。人々のイメージ中でよく見かける駅は通常人が混んで、ひいては汚く、乱雑ですが、福田駅の定位は広州-深セン-香港間の高い頻度、ハイエンド都市間ビジネス客の流れをサービスし、未来この駅の中にいる乗客は恐らく皆コンパクトなブリーフケースを提げ、急いでいるホワイトカラーです。福田駅は主に香港方向と広州方向への始発都市間列車、広州と香港間の通過市の都市間列車を取り扱い、長距離列車を始発・駐車しません。

国家鉄道部副部長の盧春房は嘗て示したことがあり、「福田駅は我が国で第一座大規模な、国鉄と都市軌道と繫がる地下駅で、機能上で需要を満たし、外観上で時代観と高いレベルを体現し、品質上で世界一流となるものとします。」福田駅は現代化高速鉄道の管理モードを採り入れ、自動切符販売、改札など高効率なサービスシステムを採り入れ、伝統的な駅のように荷物室、待合室など膨大なサービス管理施設を配置する必要がありません。福田駅の交通集散問題は主にバスと地下鉄で解決を与え、このため、福田駅構内で専門的な社会駐車場を設置しません。

建設の状況

工事の難しいポイント:

1)建築規模が異なり、福田駅の総建築面積は15万m2にも達し、一般的な地下鉄駅は通常1万m2ほどです。

2)対応的な列車タイプ、グルーピング、走行速度とも異なる:福田駅を通過する列車はCRHの EMUで、最も高い速度は200 km/hより大きく、グルーピングは8両~16両で、一等と二等車両を含み、地下鉄列車は一般的EMUで、6両~8両普通地下鉄車両は、最も高い速度が約120 km/hです。

3)旅客発送量は異なり、旅客輸送専門線のシングル本列車の定員は約700人で、福田駅旅客の発送量は6 000人で、ラッシュアワーで、一般的な地下鉄駅は6両車両の定員は1 440人にも達成でき、一方向のピークは延べ30 000人/h~90 000人/hです。

4)福田駅は都市間旅客を主とし、持ち歩いた荷物は相対的に多いし、小荷物預かり所を設け、一般的な地下鉄駅は主に市内の乗客で、荷物が比較的に少ない。

5)福田駅構内の交通転換層にはつなぎ合わせ店舗を設け、一般的な地下鉄駅は原則上で商業店舗を設置することが許されません。

工事の進捗

2012年2月に駅の主体工事はすでに基本的に完工し、深セン市軌道オフィスは最も早くも、2013年末に開通条件を備えると見積もると言いました。開通した後、市民はここから乗車し、香港へ行くには16分間しかかからず、広州まで行くには約35分間です。

福田駅の総合的な交通中枢工事は、深セン福田区(市街地)、深南大通りと益田路の交差口のところに位置しており、国内で最大の地下駅です。広州-深セン-香港旅客輸送専門線深セン福田駅を中心とし、地下鉄1、2、3、4、11号線など都市軌道交通路線、バスの始終駅、車及びタクシーの繫がり場ステージなどルーチン交通施設及びセットサービス施設などを集めました。機能の定位は国内で大規模な地下鉄道駅、珠江デルタの重要な都市間交通中枢、深セン市の重要な軌道交通乗り換えセンターです。

広州-深セン-香港旅客輸送専門線福田駅は福田中枢内の最も主な駅であり、国内で初座の地下駅でもあり、地下30メートルに位置しており、地下一階は高速鉄道と地下鉄乗り換え層で、地下二階は高速鉄道の待合層で、地下三階は高速鉄道のホーム層です。駅は合計で四座島式ホームを設け、総長は1023メートルで、総建築面積は約14万平方メートルです。駅の南端は下で既存した地下鉄1号線を通りすぎ、北端は2号線と11号線と交じり合います。

福田交通中枢はすでに2011年6月に地下鉄線との乗り換えを実現しました。市民はこの中枢で地下鉄1号、2号、3号、4号、合計で4本路線と簡単に乗り換えられます。3号線に搭乗し、南へ一つ駅行くと、地下鉄1号線のショッピングパーク駅と接続します。2号線と4号線も直接に市民センター駅で乗り換えられます。地下鉄11号線はすでに前年末に着工し、2016年に至ると、市民は当該線路に乗り、深セン空港に直行できます。

福田中枢地下鉄11号線駅はすでに前もって建築済み、目下余剰な南北セット主体構造の土木建築はすでに完工した。広州-深セン-香港福田駅は目下土木建築構造も基本的に完工しました。

深セン市軌道オフィスの関係担当者は紹介し、福田中枢セット部分が2012年すえに開通条件を備えます。広州-深セン-香港福田駅は今年内で取り付け装飾と付属出入口施工を展開する予定で、最も早くも2013年末に開通条件を備える予定です。

この他、福田総合的交通中枢内で車の駐車場を設置していなく、車を運転して、行き、広州-深セン-香港旅客輸送専門線及び地下鉄を乗り換える市民は、車を市民センター広場の地下駐車場と建設中の深セン証券取引所地下駐車場で駐車できます。この二つ駐車場は福田中枢の駐車需要を兼ねられ、福田中枢を企画した時にすでにこの二つ駐車場と中枢間の連絡通路を前もって留保しました。

深セン東駅

深セン東駅の前身は布吉駅で、広州鉄道(グループ)会社深セン駅の管轄に所属し、改造した後、2012年12月21日に起用し、現にすでに開通・使用し、深セン東駅の東は龍崗大通りに臨み、西は吉華路に凭れ、総敷地面積は約12.7万平方メートルで、出稼ぎ労働者が深センに入る第一駅で、深センの顔です。主に一部広州-深セン線、一部北京-九竜線及び一部北京-広州線方向の中・長距離列車の始発終着作業を取り扱い、四川、湖南、湖北、江西、安徽など省までの長距離旅客列車を開通することを含みます。中枢は東、西という二つ広場を設けております。中枢内部は二階建ての歩行プラットフォームを設計し、人の流れの転換に便利にさせ、鉄道旅客が上から入り、下から出て、駅を出るホールは地下一階に設置しており、駅に入るホールは地面階、二階に設置しております。地下鉄:3号線、5号線(布吉駅)。

発展

深セン東駅は入深センに入る第一駅で、中枢は深セン地域から江西、湖南、湖北などへ行きの列車を集め、広州-深セン鉄道及び北京-広州、北京-九竜鉄道の一部旅客・貨物輸送列車の始発と終着で、深センの顔です。

使用に投入した深セン東駅の総投資は約6.43億元で、総建築面積は約6.7万平方メートルで、その中に駅の建物面積は約2.6万平方メートルで、深セン東駅は4つホーム、11本線路を設け、その中で広州-深セン鉄道線のメインラインは4本があります。設計能力は始発列車が77ペアにも達成し、115ペア通過できます。

中枢は東、西という二つ広場を設置しております。中枢内部は二階建ての歩行プラットフォームを設計しており、人の流れの転換に便利にさせ、鉄道旅客が上から入り、下から出て、駅を出るホールは地下一階に設置しており、駅に入るホールは地面階、二階に設置しております。

東広場の地下一階は駅の駅を出るホール、地下鉄駅の駅ホール、社会駐車場やタクシーの繫がり駅で、地面階はバス場ステーションと集散広場で、高架階は東、西広場の歩行者の接続通路で、3号線駅ホールと高架二階プラットフォーム、都市軌道3号線(龍崗線)や5号線(環中線)は、バス、タクシー及び社会車両繫がり運営敷地など複数の交通施設を取り合わせ、設置しております。

交通施設

バス路線

深セン東駅

300B、300区間、309、309区間、322、357、366、371、371区間、372、376、379、383、839、977、M203、M244、M224、M233、M265、M268、M271、M273、M281、M283、M311、M360、M378、観光4、深恵3(深セン-恵城都市間バス)

布吉街

303、307、308、310—315環状線、312、369、820、821B、821、836、839、937、956、980、K545、M233、M264、M272、M265、M267、M268、M269、M271、M273、M311、M378、M379、N19、ピーク専門線31、ショッピングライン、長さが68(深セン-東莞都市間バス)で、長さが69です(深セン-東莞都市間バス)

地下鉄

布吉駅

3号線、5号線

発展起用

発展の概説

1911年、布吉駅は深セン-九竜鉄道華段(即ち、今の広州-深セン鉄道)を建築したことにつれて、同時に起用します。深セン布吉駅も広州-深セン広深鉄道の両線改造及び準高速改造施工した時に同時に駅の建物の増築を行わなかった唯一の駅です。

当該駅は1911年に起用し、広州鉄道(グループ)会社(広鉄と略称する)広州-深セン鉄道株式に管轄され、如何なる旅客列車が駐車したり、始発したりしなかった。深セン市『深セン地域鉄道輸送総図企画』と『深セン市鉄道第二旅客輸送駅交通企画』により、深セン北駅は使用に投入し、及び深セン東駅の改造を完成した後、深セン東駅は深セン「二主三補」鉄道駅中の「一補」(補助旅客輸送中枢)になり、且つ地下鉄3号線と5号線の布吉駅はここで乗り換え、合流します。

改名

2012年12月5日から、広州-深セン鉄道布吉駅は深セン東駅と改名しました。今後、運営に投入した深セン東駅は深セン駅に管理を担当されます。深セン東駅機能の定位は、深セン駅、深セン北駅に次ぎ、運営に投入した後、深セン東駅は主に普通速度の長距離列車を運行しはじめ、深セン市「両主三補」駅の一つです。

深セン東駅は1911年に建築済み、使用し、今まですでに101年間の歴史があり、深セン地域の第三大鉄道旅客輸送中枢となり、深セン布吉総合的旅客輸送中枢の重要な組み合わせ部分です。当該駅の待合ホールの面積は約7100㎡で、合計で3つ切符売りホールを設けております。

龍崗大通り「布吉地下鉄駅」バス停留所の名は「深セン東駅」と改名しました。龍崗大通りを通過する300線など26本バス線路と深セン-恵城3A線は新しいサイト名称に従い、運営を組織します。西部バス会社322、383など2本バス路線と東部バスのM233バス路線は「深セン東駅」バス停留所をワンペア増やします。

近くの地名がすでに長く踏襲した縁由を考えるため、3号線、5号線地下鉄「布吉駅」は改名するわけではありません。深センで少なからず市民も坪山に位置しておる建設中の駅を「深セン東駅」と呼ぶことにもう慣れたから、情報の混乱を避け、市民がバスに乗り、深セン東駅へ行くことをよりよくガイドするために、深セン市交通委員会はすでに関係ホーム、駅の看板の情報を変更し、市民の外出を正確的にガイドできます。

改造

深セン東駅(元布吉駅)はすでに改造を完成し、2012年12月21日に完工し、且つ使用に投入し、深セン東駅は逐次に深センの普通長距離列車の終着と始発を担当し、既存した深セン駅(羅湖駅も称する)は主に広州-深セン都市間和諧号と一部普通列車の終着と始発を担当します。深セン北駅は広州-深セン-香港高速鉄道とその他高速鉄道と終着及び始発を担当し、香港へ行きの出国列車は深セン北駅で駐車します。

深セン西駅

深セン西駅(南頭駅、南頭西駅とも称する)は深セン市南山区学府路と月亮湾大通りとの境目に位置しており、南頭検査駅に近寄り、広州鉄道(グループ)会社平南会社の管轄に所属し、三等駅です。

2016年1月9日、深セン西駅は最後に信陽へ行きの1204次列車を運行し、これは中国南方の最後に計画・決定した長距離グリーン皮列車です。その代わりに新型エアコン車両のK 824次を採用し、始発駅も深セン東駅に変更します。

地理位置

深セン西駅は平南鉄道線(平湖——南頭)上にあり、南部は蛇口媽湾港まで伸びます。

サービス内容

貨物輸送:貨物輸送業務を兼ねて、取り扱います

旅客輸送:旅客の乗り降りを取り扱う;荷物、小包の託送。

グリーン皮列車

2016年1月9日、この日、深セン西駅は最後に信陽へ行きの1204次列車を運行します。この三つ鉄道局を横断し、四つ省を通過し、距離が1532キロメートルのグリーン皮列車も中国南方の最後に計画・決定した長距離グリーン皮列車です。その代わりに新型エアコン車両のK 824次を採用し、始発駅も深セン東駅に変更します。

深セン坪山駅

深セン坪山駅は深セン北駅を除き、アモイ-深セン鉄道は深センでの一つ駅で、龍崗区坪山新区坪山街道に位置しており、総合的な交通中枢となります。駅の建物は線直下式駅の建物で、鉄道高架橋を境目とし、上下という二階に分け、合計で4ホーム8本路線を設け、総建築面積は9992.78平方メートルで、駅の建物の雨除けの庇鋼構造のカバー面積は18131.2平方メートルで、ホーム雨除けの庇の面積は27535.6平方メートルです。

交通の繫がり

バス

M293(竜田コミュニティ-深セン坪山駅)

M359(深セン坪山駅-観瀾大和村)

978(深セン坪山駅-坪地同興工業区)

M422(深セン坪山駅-深セン坪山駅)

B811(沙壆コミュニティ—深セン坪山駅)

M426(葵湧バス停-深セン坪山駅)

M427(沙田コミュニティ-深セン坪山駅)

M478(坑梓-深セン坪山駅)

M479(赤坳-深セン坪山駅)

M480(碧嶺村公交駅-深セン坪山駅)

地下鉄

深セン地下鉄16号線(企画中、建設を始めなかった)

平湖駅

平湖駅は広東省深セン市龍崗区平湖街道に位置しており、1911年に建て、広州-深セン鉄道、北京―九竜鉄道、平湖-駅の位置

南頭鉄道、平湖-塩田鉄道の一つ駅です。広州鉄道(グループ)会社の管轄に所属します。現に四等駅です。広州-九竜鉄道(華段)は初陣建設した駅の一つです。目下平湖駅は旅客輸送業務を取り扱いません。2014年、広州鉄道グループは広州-深セン鉄道Ⅰ、Ⅱ線を展開し、平湖都市間旅客輸送駅の建設仕事を増設し、目下、最も新しいニュースによると、広州-深セン鉄道は恐らく2016年7月に平湖駅を開通します。

駅の位置

北京西駅から2352キロメートル、深セン駅から20キロメートル(北京―九竜線)、広州駅から127キロメートル、深セン駅から20キロメートル(広州-深セン線)

駅のサービス

旅客輸送:旅客の乗り降りを取り扱う;荷物、小包の託送

貨物輸送:車全体の貨物配達を取り扱う;危ない貨物の配達を取り扱わず

改造計画

経済社会が素早く発展することにつれて、周辺の企業と多くの市民は交通外出環境を改善し、平湖駅を広州-深セン鉄道の駐車運営駅として、通過する呼び声が益々高くなりました。広州鉄道グループさえも努力して、広州-深セン鉄道駐車駅となり、深セン市人民代表大会代表は更に两会上で以上の訴求を表現し、最终に広州鉄道グループはすでに広州-深セン鉄道Ⅰ、Ⅱ線が平湖都市間旅客輸送駅の建設仕事の増設することを展開します。

平湖駅がリセット(広州-深セン鉄道が平湖駅を増設する)するニュースは一度伝えられたら、社会各界から関心を集めました。しかし、人にがっかりさせたのは、平湖駅改造工事期間は延び延びになり、最も早く平湖駅についての改造工事期間は「2013年6月に着工し、年末に完工する」が、2014年5月までにもやはり実質的な着工無し。嘗て平湖駅を何度も考察したことがある交通企画専門家は、深セン市汎珠江デルタ革新発展研究院長の鄧躍慶は平湖旅客輸送駅に復元する意義が重大であると思う:その一は、平湖街道が深セン・東莞・恵城の境目に位置しており、深センの「北正門」で、平湖旅客輸送駅に復元したら、香港の客の流れ、中・長距離鉄道交通客の流れは平湖を通過し、直接に深セン軌道交通及び道路交通システムに乗り換えられ、平湖を深センの地理中心から交通中心に昇進させます;その二は、深セン駅(羅湖)、深セン西駅、深セン東駅、深セン北駅などの駅は南部に集中し、高速鉄道光明城駅は北西部に偏ります。龍崗など深セン城市の中部、東北部は旅客輸送駅を欠け、鉄道平湖旅客輸送駅に復元すると、ちょうどこの欠陥を補えます。若し復元したら、平湖駅は恩恵を深セン・東莞・恵城の400万人口まで及ぶことができます。鄧躍慶の推測によると、平湖駅が開通に回復する初期に毎日旅客数は1日間あたり延べ2000人あると見積り、もうすぐ延べ6000人にも達成でき、長期的1日間あたり旅客数は延べ14000人にも達成できます。このような旅客ソースは、経済収益には保障があります。

目下、最も新しいニュースによると、広州-深セン鉄道は恐らく2016年9月に平湖駅を開通します。

光明城駅

光明城駅は広州-深セン-香港旅客輸送専門線上にある一つ駅で、広州-深セン-香港旅客輸送専門線は深センに入る第一駅で、すでに2011年12月26日に正格に開通・起用しました。

プロフィール

光明城駅は深セン市宝安区光明事務所鳳凰コミュニティ観光路南侧の茶林特大橋上に位置しており、長さが300メートルで、高さが20メートルで、光明城駅は2011年6月末にすでに全面的に完工し、且つ2011年12月26日に正格に開通・起用しました。光明城駅の駅の建物の外観全体は白色で、周りは透き通ったガラスカーテンウォールで、高さが15メートルから16メートルまで。駅の東西の両側は駅前広場で、駅の建物の周辺道路は環状に通じ、広場の東侧に社会車両及びタクシー車両の駐車場を配置し、東北側にバス車両の駐車場を配置し、北西側に車両の駐車場を配置しております。

光明城駅の原名は光明駅で、哈爾浜のある鉄道の駅名と重複したから、光明城駅に改名しました。広州鉄道グループは嘗て書簡を出し、深セン市政府へ意見を求め、深セン市政府が同意した後、光明駅は正格に改名しました。

繫がり交通

乗客は高速鉄道から降りた後、バスに乗り換え、深セン宝安国際空港へ直行でき、清湖地下鉄駅、公明バス停、梅林検査駅などは、基本的に当該高速鉄道駅の旅客フローの吸引範囲をカバーしました。

8本バス路線はそれぞれB807(光明滑草場-光明城駅)、M213(光明中心駅-梅林検査駅)、M215-M218環状線(公明バス停-公明バス停)、M336(光明城駅-石岩バス停)、M337(公明バス停-清湖地下鉄駅)、空港5路(宝安空港-光明城駅)、M356(沙湾バス停-沙井バス停)、B836(東坑コミュニティ-光明城駅)。