港埠頭。

羅湖開港口

深セン羅湖開港口、中国で目下旅客トラフィックが最大の旅客出入国陸路開港口で、香港と内地を繋ぐ「第一開港口」であり、対外往来するウィンドウでもあり——改革開放前、外国人もほとんどここから入国します。2005年6月から、我が国が主体的に研究開発した旅客セルフチェックシステムを使い始め、通関能力は世界先進レベルに達しました。伝えるところによると、每年深センから出入国した旅客は延べ1億人以上にも達し、全国における出入国人数の60%以上を占め、主にすべて羅湖開港口から進出します。

通関時間:06:30--24:00

開港口交通

羅湖開港口は人民南路駅の傍に位置しており、深センに着いた旅客は地下鉄一号線や一切羅湖駅に到着したバスに乗ることを選び、当該開港口まで着くことができ、自車運転者は和平路から開港口交通ビルに登られ、ビル内に社会駐車場があります。

旅客が通関した後、鉄道列車に乗り、香港各地へ着くことができます。

皇崗開港口

深セン皇崗開港口は目下我が国で規模の最も大きな旅客・貨物の総合的な道路開港口です。深セン市福田区の南端に位置しており、香港新界落馬洲と川を隔たり、向かい合い、開港口の南面にある皇崗—落馬洲大橋は深セン川を横断し、深セン・香港という両地方を接続します。

深セン皇崗開港口地域の敷地面積は101.6万平方メートルで、その中で監督管理エリアは65.3万平方メートルで、生活エリアは6.8万平方メートルで、商業サービスエリアは29.5万平方メートルです。監督管理エリアは東、西という二つ敷地に分かられ、東場は貨物検査敷地で、西場は客車と旅客検査敷地です。貨物検査場の東側は入国検証場で、西側は出国検証場です;旅客検査ホールは東西方向に並列し、東側は入国ホールで、西側は出国ホールで、ホールの両側は客車通路です。合計で出入国車両検査通路が52本あり、その中で車の検査通路が12本あり、トラック検査通路が40本あり、その中で、出入国がそれぞれ20本(国境警備検査は「速い通過」を実行した後、通路を10本建設した)あります;旅客検査・検証通路を50本あり、その中で、出入国がそれぞれ25本あります。設計通過能力は延べ車両5万両(基準車)で、旅客が延べ5万人です。

深セン皇崗開港口は我が国唯一の全天候通関の開港口です。旅客検査も貨物検査も全日間通関し、その中で貨物検査の正常的通路は朝7:00時にスタートし、夜22:00に閉じるが、夜22:00から24:00時まで、通路を六本留保し、運行します(入るのは2で、出るのは4です)。

通関時間:24時間

開港口交通:

皇崗開港口: 109番、235番、23番、26番、313番、325番、362番、357番、366番、367番、9番、ピーク30号線、鳳凰山休日専門線2号、空港9号線

旅客が通関した後、「皇崗」バスに乗り、香港落馬洲開港口まで着き、また、坐港鉄東鉄線に乗り、香港各地へ到着でき、或いは、バスターミナルまで行き、九竜バスB1、小型バス75に乗り、元朗まで乗り換え、香港各地へ到着できます。

福田開港口

福田開港口は旅客出入国の陸路開港口で、福田区裕亨路(福田保税区の東側)に位置しております。

総敷地面積は62962平方メートルで、総建築面積は82035.85平方メートルで、出入国ホールをそれぞれ一階設け、出入国通路は合計で146本あります。

 出国ホール内には国境警備検査通路を78本設け(セルフサービス式通路が20本、人工検収通過通路が58本ある)、入国ホール内には国境警備検査通路が68本(セルフサービス式通路が20本、人工検収通過通路が48本ある)あり、設計した日間国境通過旅客の通過能力は延べ25万人です。

歩道橋工事は深セン川を横断し、福田開港口共同検査ビルと落馬洲支線規制ステーションと接続し、深セン地下鉄4号線と香港港铁落馬洲支線を接続する開港口中枢工事です。         橋の長さは240メートルで、深セン側は116メートルで、香港側は124メートルで、橋の幅は16.5メートルで、上下で二階で、単方向で歩き、橋内には自動歩行梯子(深セン一方は各階に長さが80.5メートルである自動歩行梯子が一つある)があり、それぞれ深セン・香港出入国旅客の使用を提供します(  福田開港口の内部上層は出国で、下層は入国です)。開港口検証機関は税関、国境警備検査、検査検疫局があり、サービス期間は省公安庁が深センに駐在しているビザ所があり、経営単位は銀行、免税店サービスなどがあります。

 開港口は每日6:30時にスタートし、24:00に閉じ、開港口は18時間運行します。出入国旅客は主に深セン地下鉄4号線(龍華線)と港鉄落馬洲支線(東鉄線)に乗ります。最後の通関地下鉄は24:00分です。

深セン湾開港口

深セン湾開港口(また、深セン湾旅客検査ビルとも称する)は中国広東省深セン市と香港間にある陸路国境開港口で、2007年7月1日に起用しました。深セン湾は深セン市南山区蛇口東角頭の一ブロック埋め立て地に位置しており、敷地面積は117.9ヘクタールです。開港口は車両転線施設を設け、香港と中国大陸の逆の走行方向と取り合わせ、その後、深セン・香港西部通路の深セン湾道路大橋を通じ、香港新界西北部の鰲磡石と接続します。

通関時間:06:30--24:00

開港口交通

深セン湾開港口:「深セン湾開港口」を通過するバス路線は123番、245番、618番、90番、B602番、B688番、B737番、B794番、B816番などがあります

深セン湾開港口から香港までの交通:

1、終点駅上環信徳センター(上環港鉄駅D出口)、尖沙咀(海港城)馬可孛羅香港ホテルの左側、太子(維景ホテル側)、九竜塘(九竜塘港鉄駅E出口)、運営時間は07:00-22:30で、30分間おきに一便ずつで、フルコース時間は50-60分間で、参照チケット価格は40-45元です。

2、終点駅は香港国際空港旅客輸送ビルで、運営時間は05:20-23:00で、20-30間おきに一便ずつで、フルコース時間は50分間で、参照チケット価格は130-150元です。

3、始発駅は深セン湾開港口で、バス B2、B3、B3X、B2P、B3A及び一本専門線小型バス路線(新界618)に乗ることができます。その中でB3とB3Xの路線は一致し、ただB3Xは中途で一つバス停も止まらず、屯門市街地まで直行します。B3のシングルコールのチケット価格は11元で、復路の優遇があり、若し八達通で支払うと、シングル日復路のチケット価格は9元で、つまり、20元しかかからず、一回往復できます。B2終点は元朗の港鉄西鉄線駅で、途中で天水囲西鉄線駅を通過し、フルコースも11元ですが、天水囲バス停で下車したら、8元です。B2PはB2とおなじで、異なるのは週末に追加する路線です。

4、香港国際空港へ行く乗客も深セン香港空港のクロスボーダー直通車(7座ビジネス車)に乗ることを選べ、10-15分間ごとに一便ずつで、車に従い、通関安全検査を行い、フルコース時間は50分間で、参照チケット価格は150元です。

文錦渡開港口

文錦渡開港口は深セン市羅湖区の南面、香港新界の北面に位置しており、二座道路橋で新界・香港と繫がり、香港へ供給する生きたまま売られる製品の国境通過を特徴とする道路旅客、貨物輸送の総合的な道路開港口で、中華人民共和国広東省深セン市は香港との間の一つ陸路国境開港口で、香港側開港口は文錦渡規制駅と称し、中国側開港口は文錦渡開港口と称します。通行証明書を受け取った自家用車、トラック及び長距離自動車を除き、現時旅客も文錦渡を経由し、香港及び深センを行き来できます。

文錦渡開港口は深セン市中心に位置しておるから、深セン市政府は長い目で見れば、それを引っ越したいし、現に香港政府と計画し、香園囲/蓮塘で新しい開港口を設立し、それに取って代わります。

文錦渡開港口は改革開放前に深センが二つしかない陸路開港口の一つです。1978年に国務院の承認を通じ、対外開放しました。改革開放前、文錦渡はただ香港へ供給する生きたまま売られる商品の貿易開港口で、1978年10月に道路橋を建築済み、1985年2月に道路橋を一座新しく建築し、出入国車両が橋を分けて、走行を実行します。深セン川工事の管理と取り合わせ、元出入国橋が取り除かれ、出入国の双方向橋を一座新しく建て、2005年2月に正格に使用を投入しました。長年以来、絶え間なく改造を通じ、目下開港口地域の敷地面積は13万多平方メートルで、合計で自動車検査通路が20本あり、その中出、車、客車検査通路が2本(入、出国がそれぞれ1本ある)あり、トラック検査通路が18条(入国が10本、出国が8本ある)あります。別途出入国旅客検査通路が12本あります(入、出国はそれぞれ6本ある)。開港口の総体設計は:日間自動車トラフィックが延べ10000両で、日間旅客トラフィックが延べ3000人です。1991年に出入国車両が延べ335万両で、1日あたりは延べ9181両で、2004年、当該開港口を通じ、出入国の車両が延べ277万両で、1日当たりは延べ7562両で、年平均は0.5%低下しました。これは皇崗開港口投入使用の分流などの要素のため、もたらしました。1997年後、当該開港口の出入国車両は1日あたりの7000両ほど安定しました。

貨物検査は每日7:00時にスタートし、22:00時に閉じ、15時間運行します;旅客輸送は每日7:00にスタートし、22:00時に閉じ、15時間運行します。

沙头角開港口

深セン沙頭角開港口は服务于深セン塩田、龍崗及び珠江デルタ東部地域をサービスする補助的な旅客輸送総合的開港口です。深セン市塩田区沙頭角鎮の西面に位置しており、東は沙頭角保税区と塩田港と繫がり、北は梧桐山道路のトンネルと隣り合います。深セン市街地から2キロメートルです。

開港口管理区の敷地面積は約4.2万平方メートルで、その中で出入国旅客検証敷地は5700平方メートルで、出入国貨物検証敷地は3.6万平方メートルです。旅行検査ホールは開港口区の中間に設け、東側は出国貨物検証場で、西側は入国貨物検証場です。合計で出入国車両検査通路を8本 (入、出国がそれぞれ4本ある)、車検査台を15設けております;出入国旅客検証通路を16本(入、出国がそれぞれ8本ある)設けております。この他、また、専ら香港の霊柩の入国を供給する検査サービス施設を建てており、香港・マカオ同胞が大鵬湾「華僑墓園」へ行き、埋蔵と墓参りイベントのために便利を提供します。

通関時間:07:00-22:00

開港口交通:

沙頭角開港口:途中で「沙頭角開港口」を通過するバス路線は68番、85番、308番、205番、387番、B785番、J1番、M207番あります 沙頭角海关:途中で「沙頭角税関」を通過するバス路線は103B番、308番、205番、363番、387番、68番、85番、B619番、B785番、J1番、M207番あります

沙頭角開港口から香港へ行きのバス

1、始発駅:沙頭角出国ホール  終点駅:香港国際空港   発車時間:07:30-19:30 参照チケット価格:人民元130元  乗車場所:沙頭角出国ホール

2、始発駅:沙頭角出国ホール  終点駅:香港九龙塘  発車時間:07:15-21:30  参照チケット価格:人民元35元  乗車場所:沙頭角出国ホール

3、始発駅:沙頭角出国ホール  終点駅:香港九龙塘  発車時間:07:00-21:30  参照チケット価格:人民元35元(その中で粉嶺までは人民元25元です)

乗車場所:沙頭角出国ホール

太子湾クルーズライナー母港

太子湾クルーズライナー母港は、また、蛇口クルーズライナーセンターともいい、2016年10月31日に正格に起用しました。

太子湾プロジェクトは于蛇口一突堤に位置しており、蛇口工業区が既存した海域、海岸線や土地資源条件を十分に利用し、港の機能を強化し、水上旅客輸送センターを建て、国際クルーズライナー母港を開発し、深セン現代化・国際国际化浜海都市イメージを引き上げ、都市機能を完全する重要なプロジェクトです。建設した後、旅客輸送中枢、歴史文化博覧、文化芸術ショー、会議展覧、ホテル、ホテルセット、ビジネスオフィス、ビジネスマンション、飲食、商業、エンターテインメントセット及び楽しい島海上イベント、式典などを一体とする現代化海浜レジャー、遊覧及びビジネスイベントの総合的な国際コミュニティを形成します。

当該工事の水域建設内容は包括22万GTクルーズライナーバースを1つ、5万GTクルーズライナーバースを1つ、1万GT旅客・貨物ロールオンバースを1つ、旅客輸送埠頭を3座、生活海岸線を約600メートル、港池航路の浚渫を含みます;陸域建設内容は埋め立てで、工事量は約500万立方メートルで、陸域面積を29ヘクタール形成します。

太子湾クルーズライナー母港の建設を完成した後、華南地域で唯一の「海、陸、空、鉄”を一体と集める現代化国際クルーズライナー母港となります。グローバル最大のクルーズライナーはここに停泊でき、太子湾は深センが香港へ通じ、世界への「海上の玄関口」となります。世界一周旅行の夢は現実になります。

太子湾エリアは内地観光客が深センを経由し、香港ディズニー及びマカオまでの最高の通路の一つで、大型クルーズライナーがもたらす旅客トラフィックを加え、この部分人の流れは每年延べ180万人増える予想で、深センが香港に相対し、比較的低い消費レベルは、この部分の旅客が深センで宿泊し、ディズニーで行楽する消費モードを形成します。これだけではなく、西部の港群れは每年1000万余り基準箱のスループットは延べ42万人の国内外船員をもたらし、この部分の人は無視できない消費群れで、クルーズライナー母港は未来これらの船員のために総合的なサービスを提供します。その他、蛇口エリアはすでにユニークな都市空間、山海人文景観リソース及び太子湾エリアのユニークな港と工業が混合する景観を形成し、深セン市民を引き付け、ここに来て、レジャーする最高のセールスポイントとなります。随着深セン市の15キロメートル海岸レジャー地帯の建設、地下鉄及び望海路の貫通につれて、人のトラフィックも大いに引き上げます。

福永埠頭開港口

深セン福永埠頭開港口は深セン空港の北端河口に位置しており、2つ高速客船バースと2つ貨物輸送バースを持ち、水上交通を主な旅客の緩和させる方法とし、目下香港中環、九竜、香港国際空港やマカオへ直通する水上航路を開通しました。福永埠頭開港口の出入国国境警備検査は深セン空港の国境警備検査ステーションが担当しております。

深セン空港国境警備検査ステーションは正処級制度で、下に福永検査ステーションを管轄し、深セン国際空港国際航路、福永埠頭、航空燃料埠頭出入国旅客、従業員や飛行機、クルーズライナーの出入国国境警備検査、監視保護任務を担当し、全国出入国国境警備検査ステーション中で空港、海港、旅客検査、貨物検査業務を一体と集める唯一の検査ステーションです。

通関時間:7:30-21:00 (相応的な船便により、決める)

開港口交通:

福永埠頭:途中で「福永埠頭」を通過するバス路線は651、778あります

当該開港口は深セン宝安国際空港の無料シャトルバスとつながり、且つ社会駐車場を設けております。旅客が通関した後、当該開港口埠頭で船便に乗り、香港の香港・マカオ埠頭、マカオ、香港国際空港、香港九竜に到着できます。