オフラインのビジターセンター
真新しく、大らかなU字型設計、海洋元素を主な装飾とし、豊富で、様々な旅行製品——深セン蛇口クルーズライナー母港に位置しており、梯子の一側は問い合わせエリアで、観光客に対するサービスの機能を担当します。ここで「海洋」元素を主な装飾とし、イルカの輪郭の背景、波のような形をした問い合わせデスクは親切で、可愛く、波式の天井と抽象的なイルカの壁画はロマンチックを引き立て、灯台の形をした資料ラックは深セン旅行に関わる情報を展示し、また、観光客休憩エリアを設けております。梯子のもう一側は展示エリアで、深センの海上旅行の豊富なリソースと製品を重点的に際立ち、「海上で深センを見る」製品情報及び近頃出したクルーズライナー航路情報ははっきりと見えます。ブース上で近頃母港で運営している巨型なクルーズライナーモデルを陳列しております。展示エリアの左側にある壁の傍で、記念品ガラスショーケースと販売機を設置しており、記念品は小さいが、大きな乾坤を透け、それは一つ都市の旅行名刺だけではなく、観光客が旅の途中での最も麗しい思い出をキャリアします。梯子の裏側は深セン旅行リソースの展示エリアです。真ん中に、インタラクティブ地上画面がファンタジーな視覚効果を呈し、時には青々とした青空に変え、ときには蓮塘の月色に変え、少なからず観光客を引き付け、足を止めて、インタラクティブに観覧します。右側は一つインタラクティブなスクリーンで、観光客は深センの象徴的な観光スポットのシルエットをクリックすることを通じ、深センの象徴的な観光スポットの動画を見ることができます。中間のスクリーンは深センの最も新しい都市の宣伝映画をシームレス放送し、深センに到着したばかりの観光客に第一時間で深センの魅力を理解させます。左側にスクロール動的ライトボックスはライトのダイナミックな効果と取り合わせ、深セン旅行の象徴的なスローガン及び「文明旅行」の情報を伝達します。