浜海地王世界の窓日帰り旅行

線路の案内

D1:浜海桟道-中英通り-地王ビル-世界の窓

【浜海桟道】は塩田港の西面に位置しており、また、都市の緑道ともいい、環境保護、低炭素、住みやすさを宗旨とし、建築したレジャー旅行工事で、海浜で長さが一キロメートルぐらいの木板桟道を築き、人に海景を眺めることに提供します。桟道の北面は海景高層住宅です。観光客はここで海浜の木板桟道を散歩し、海湾の美しい景色を思う存分楽しみ、レジャーの感覚を体験します…

金色海岸で豪華なヨットに乗り、【深セン・香港島一周ツアー】し、世界で第四大港の塩田港、大小梅沙、香港鴨州島、吉澳島を満喫し、遠くから竜吐珠を眺め、海上で展望し、空気が清々しく、気持ちが比べ物にならなく、快適で、一切は超然です。

【中英通り】、沙頭角の中英通りは特区中の特区です。「一通り両制度」は世界上でまたとない。内地から深センに来た観光客であっても、それとも深センの住民(沙頭角の住民を除く)であっても、中英通りに入ると、皆「特許通行証明書」を取り扱わなければなりません。この長さが250メートルで、幅が5メートル足らない小さな街上で8ブロック碑石を建てており、一方は我が国に管辖され、もう一方はイギリス側に管辖され、中英通りはここから由来し、一ページ活きた文化財となり、中国が嘗てあった屈辱を凝集し、中華民族の希望も渙発しております。

深センを理解するには、地王観光から始めます。地王ビルは国家AAA観光スポットで、深センの初陣紅色旅行観光スポットの一つです。ビルの建築体形の設計霊感は、中世紀西洋の教会堂と中国古代文化中における通、透、痩という神髄から由来し、その幅と高さの割合は1:9で、世界で超高層ビルの「平たさ」・最も「痩せている」記録を作り出し、深センの十大象徴的な建築の一つです。地王観光旅行項目内で、十数個テーマ行楽エリアを設けており、例えば:世紀壮挙、一夜の城、興味エコ、海賊伝奇、米国式風情。南へ香港を眺め、北へ深センを見下ろす二つ半円形の観光エリアに沿って、窓際に凭れ、眺めたら、あなたは三百メートルの高空から360度で深センのパノラマを全部一望できるだけではなく、また、香港の素晴らしい風光を見ることができ、深セン川はまるで流れているグリーン絆のように、香港としっかりと接続します。 地王観光の最も大きな特色こそ、それが中国で第一テーマ性の高層観光旅行観光スポットです。地王観光は複数のハイテック手段を運用し、教育を楽しみに寓する形を採り入れ、且つ複数の参加性を持った番組があり、観光客に心を込めさせて、投入できます。

中国広東省深セン湾に位置しておる美しい【世界の窓】の敷地面積は48万平方メートルで、香港中国旅行グループ、華僑城グループが6.5億元共同投資し、興建したものです。彼女は世界文化を発揚することをテーマとし、世界の有名な景観、自然風光、民俗風情や民間歌舞を一体と集め、美妙な世界を再現します。観光スポットは世界地、アフリカ区、アメリカ区、現代科学技術エンターテインメント区、世界彫塑園、国際街九大域構造や遊覧活動内容に従い、世界広場、アジア区、オセアニア区、ヨーロッパ区観光スポットに分けられ、内には観光スポットを118建てており、ピラミッド、アンコールワット、大峡谷、凱旋門、聖ペテロ大聖堂、タージマハル、シドニー・オペラハウス、ピサの傾いた塔などを含み、絶妙で、素晴らしく、真に迫っております。

路線のハイライト

中英通り 世界上でまたとない一通り両制度です

浜海桟道 深セン塩田港の美しい景色です

世界の窓 文化テーマパノラマ

行程の紹介

浜海桟道(小生のお薦め:自転車があり、自由にレンタルできる。)

浜海桟道は「都市空間の絆」というアイデアを以て、合計で三つテーマ段落に分けられる:都市生活海岸線区間は「中英通り」海岸線桟道及び海景路親水性景観環境步行システムを含みます;工業港区海岸線区間は「緑の木蔭」、「海港イメージ」、「夕方の漁船からの歌声」、「山海の奇観」という四つテーマに分けられ、港エリア旅行の新しい路線を開きます;自然エコ海岸線区間は「大梅沙西桟道」、「大梅沙海浜パーク」、「大梅沙東桟道」、「小梅沙海浜パーク」及び「背仔角桟道」という五つ部分を含みます。

中英通り(小生のお薦め:中英通りを行楽するには身分証明書を持参することを覚えてください。)

中英通り、深セン市塩田区沙頭角街道に位置しておる中英通りは梧桐山から大鵬湾へ流れていく小川の川床が堆積して、できたもので、元名が「鷺鶿径」です。長さが0.5キロメートル足らず、幅が7メートル足りなく、街の真ん中は「限界碑石」を限界とし、通りの両側には商店が林立しており、五大洲からの製品があり、品種が十分に揃っております。因到特区に行く人は深セン市公安局に行き、「国境制限区域へ行く特許通行証」を一枚取り扱うことで、「中英通り」に入ることができる故に「中英通り」が特区中の「特区」と呼ばれます。中には香港区域があり、観光スポットに入るには通行証を取り扱う必要があり、普通人は青い証明書を取り扱い、一人ごとに十元ずつ、証明書を取り扱う仕事時間は8:30~12:00と13:00~16:00で、観光スポット入口の証明書を取り扱うロビーにあります。

地王ビル(小生のお薦め:お薦め行楽時間は1時間です。)

地王ビルの正式名称は信興広場です。ビルの高さは69階で、総高度は383.95メートル(実際的な建築の高さは324.8メートルです)で、建設を済ました時、嘗てアジアで第一の高いビルであり、全国で第一の鋼構造の高層建築です。1995年6月9日、地王ビルの主館の主体構造がすでに完成しました。テーマ性観光項目「深セン・香港の窓」は聳え立った地王ビルの最上階に位置しており、アジアの第一高層テーマ性観光行楽項目です。ここで深セン市の姿を見下ろせ、遠くから香港の姿を眺められまる。地王ビル信興広場は商業ビル、ビジネスマンションやショッピングセンターという三つ部分からなります。深センの重要なマークです。

世界の窓(小生のお薦め:お薦め行楽時間は5~8時間です)

世界の窓は広東省深セン市深セン湾コミュニティ深南大通りに位置しており、中国で有名なミニチュア観光スポット(北京世界パークに類似する)で、世界文化を発揚することを宗旨とし、世界の景観、歴史遺跡、古今名勝、民間歌舞を一体と融け合った人造テーマパークです。パーク中のそれぞれ観光スポットはすべて異なる割合に従い、模造しました。全パークは世界広場、アジア区、アメリカ区、アフリカ区、オセアニア区、ヨーロッパ区、彫塑園や国際街という8つテーマ区に分かられ、それぞれフランスエッフェル塔、パリ凱旋門、イタリアピサの傾いた塔、インドタージマハル、エジプトピラミッドなど百以上世界で有名な文化景観と建築の奇跡を展示しました。パーク中のそれぞれの観光スポットは、すべて異なった割合に従い、自由に模造し、巧みで、ユニークで、真に迫っております。世界の窓の各観光スポットはすべて凝集した交響詩で、それらの鮮やかな民俗ショーは一枚ずつ活発で、生き生きとした風情画です。

旅行ヒント

1、観光客は是非とも有効的身分証明書の原本を持ち歩いてください、中英通りに入ると、一人ごとに一つ証明書ずつ持たなければなりません(そうでないと、中英通りに入ることができない)。

2、外国籍人士、香港・マカオ・台湾同胞、妊婦には証明書の取り扱いを与えず、中英通り立ち入り禁止、子供は戸籍簿の原本を持つ必要があり、且つ両親が付き添う下で、入ることができます。

3、観光客が関係有効的な証明書(身分証明書)を持ち歩くと喚起してください、将校証明書、年配者優待証明書を持った観光客は、関係証明書の証明を持ち歩いてください。

4、身分証明書や有効的な証明書、レジャー靴、水着、蚊防止薬品などを持参してください;65歳以上の年配者は是非とも身分証明書をきちんと持ち歩いてください。