大梅沙海浜パーク日帰り旅行

線路の案内

D1:大梅沙ビーチ

大梅沙海浜パークは深セン特区の東部、南海之浜に位置しております。ここの三面は山に取り囲まれ、一面は海に臨み、中間は1800メートルの広々としたビーチが連なります。パーク内で活気に溢れた亜熱帯海浜風光で、深セン市民も外来観光客もここに来て、海浜レジャーの時間を楽しむのがとても好きです。

パークの中心は太陽広場と月の広場で、一本「陽光ギャラリー」はその間を接続します。ギャラリー内で设有供観光客が休憩する滑らかに磨いた石のベンチを設けており、いつも少なからずカップルがここに来て、散歩し、データします。

大梅沙海浜パークは合計で水泳区、スポーツ区、レジャー区、エンターテインメント区、バーベキュー場などの部分に分けられ、モーターボート、ビーチカー、バンジージャンプなど自費の行楽項目がオプションできます。家族・友人と待ち合わせ、ここでパーティーしたり、海を見たり、海へ入り、水泳したり、水上項目を遊んだりするのは、すべて非常に面白い。

若し海へ入り、水泳したいと、パーク内で冷熱水シャワーとお預かりサービスを提供できます。特に注意する必要があるのは、水泳する時にくれぐれもサメ防止網を乗り越えないでください、安全に注意し、パークは24時間サメ防止網内の義務救命救急サービスを提供します。

パークの周りにある食事・宿泊も比較的に便利で、ハイエンド、大らかな上級レストランから、道端にある小さな店まで、普通の旅館から、五スターホテルまで、すべて見つけられ、特色ある料理はシーフードと乳鳩です。なお、有り難い無料な海浜慾場であるため、大梅沙は常に超満員です。若し人が多いのは嫌いなら、ビーチ辺の桟道上へ歩くことを選べ、こっちは比較的に静かで、海を聞き、風に吹かれても、快適です。

海岸線に沿って、東へ約二キロメートル歩いたら、小梅沙で、小梅沙は課金ですが、観光客は比較的に少なく、環境もより良い。小梅沙の傍には小梅沙の海洋世界で、関心を持つなら、合わせて、遊覧できます。

路線のハイライト

大梅沙 深センの最も大きな無料海浜浴場で、海を見たり、水泳したりして、亜熱帯海浜風光を楽しみ、非常に快適です。

1800メートルの金色ビーチ レジャー休暇、観光旅行、スポーツエンターテインメントを一体と集めた旅行勝地です。

旅行ヒント

1. 無料で開放するビーチなので、大梅沙は傍に課金する小梅沙にとって言えば、人がずっと多く、祝休日に人が更に多くて、餃子を煮るみたいで、ピークをずらして、行くことを強烈にお薦めます。

2. パーク内で赤色の旗を掲げると、つまり、水泳場が閉じる信号で、禁止観光客がこの時に海に入り、水泳することを禁止します;黄色い旗を掲げると、つまり水泳場は半分閉じる信号で、水泳スキルが普通である者は海へ入らないでください。

3. バーベキュー場は夏に開放しかないし、友達と一緒に海辺に来て、バーベキューし、パーティーを行い、とてもよい体験です。

4. 行楽する時、ゴミを持ち去ることを覚えてください、ビーチの清浄を保ちます。