東門旧い街地王観光日帰り旅行

線路の案内

D1:東門旧い街-地王ビル

東門旧い街は、真実に深セン都市が発展する一段の歴史を記録し、東門商業街は現代化された深センの歴史段階の証で、深セン市の歴史文化が淀んだ一つ構成部分で、深セン人の根です。旧い街の歴史は、明時代の中期まで遡ることができます。その時、羅湖の辺りで、相次いで赤勘村(今の蔡屋囲)、羅湖村、隔塘村(今の水貝村)、湖贝村、向西村、黄貝嶺村や南塘村が出て、いくつか村の親族は村落間でバザールを建て、「深セン墟」と呼ばれ、最も早くは、民縫街、上大街、鴨仔街、養生街など何本市街からなり、一応に一つ小さな町の規模を備えます。明後の初め、旧い街はずっと周囲の数十里で名声を馳せる商業市場です。清時代康熙勒文謨『新安県志』により、「深セン墟」は深センに対する最も早い歴史記載で、19l3年、広九鉄道は建設済み、列車を開通し、羅湖駅の起用は深センを内地と香港の交通ポータルにさせ、農産品を売る谷行街(今の解放路)、スナックと雑貨を売る維新路(今の人民北路)、永新街、南渓街などのところに商業街が迅速に発展してきて、今日の羅湖旧城を形成しました。

 地王ビルの最上階にある観光項目は、国内外のその他高層建築の単純な高い処で遠くへ展望することと異なり、一般的な飲食・レジャーとも異なり、それは革新的に国際旅行レジャーの真新しいハイテク手法を運用し、深セン・香港という両地の人文地理景観や歴史文化、都市文化の含蓄を掘り、「深セン・香港の窓」をテーマとするイメージを以て、観光客の前に呈します。地王観光旅行項目内で、十数個テーマ行楽エリアを設けており、南へ香港を眺め、北へ深センを見下ろす二つ半円形の観光エリアに沿って、窓際に凭れ、眺めたら、あなたは三百メートルの高空から360度で深センのパノラマを全部一望できるだけではなく、また、香港の素晴らしい風光を見ることができ、深セン川はまるで流れているグリーン絆のように、香港としっかりと接続します。

路線のハイライト

東門旧い街 深センの最も伝統的、最も人気を備えた商業の栄えた地の一つです。

地王観光 アジアの第一高層テーマ観光旅行名勝地です。

旅行ヒント

1、旧い街には人が多くて、自分の財物をきちんと保管してください

2、地王ビルを観光するには望遠鏡を用意してもいい