香港・マカオ観光二日間ツアー

線路の案内

D1:黄大仙-香港九竜寨城パーク-太平山 D2:大三巴鳥居-バラ聖母堂-ベネチア人リゾート

 朝、大型な旅行バスに乗り、香港へ行きます。後で香港のお参りが最も盛んな寺—【黄大仙】へ行き、【香港九竜寨城パーク】へ見学する:パークは九竜城賈炳達道の清朝九竜城寨の旧跡上に建てられ、パーク全体は合計で八つ異なる観光スポットに分けられ、それぞれが衙府での昔偲び、南門懐古、八径異趣、四季とも素晴らしい、生肖の美しい姿、棋壇対局、獅子の園覗きと帰璧半亭で、九竜寨城パークは香港百年間の歴史を含んだゆえに、多くの観光客をここに見学に来ることを引き付けました。後で香港の最も高いポイント【太平山】へ行き、観光客が必着する旅行ポイントで、乗車して、山頂に到着し、山頂当たりは更に役人・紳士・名流の官邸の所在です。ここで、ビクトリア港の香港島、九龙半島の両岸を見下ろせ、古めかしい獅子亭と広々とした山頂パークは最高の鑑賞位置です。下山後、絵のような景色の香港風水宝地【浅水湾】を観賞します。ここは香港の最も代表性を備えた美しい海湾で、その素晴らしい景色はそれを港島の有名な上級住宅エリアの一つとさせました。その後、香港の【中環観覧車】を近く見ます:香港中環観覧車は香港で高さが60メートルで、約20階建て高さの巨大な観覧車で、中環海浜ギャラリー上に位置しております。遊覧を終えた後、観光客は香港の【展示会新翼】と【ゴールデンバウヒニア広場】を見学に行き、ここは香港が祖国に回帰した証で、「永遠に満開するバウヒニア」はビクトリア海港へ向かい、香港が永遠に隆盛を極める意を寓します。晩餐後、大型な観光船【海竜真珠号】に乗り、有名なビクトリア海港の夜景を遊覧し、観光船は九竜半島及び港島北面の海岸に沿い、ビクトリア港を思う存分遊覧し、香港の華麗なる夜景を観賞します。

路線のハイライト

ベネチア人リゾートホテル ベネチア水郷をテーマとします。

バラ聖母堂 ファティマ聖母を祭り、ポルトガル人がとても崇拝する神です。

ゴールデンバウヒニア広場 香港が祖国に回帰した証です。

行程の紹介

一日目

黄大仙(小生のお薦め:無料で、祠内の従心苑で任意に寄付を受けます。廟内には無料な線香があり、その上にただ線香を九本のみつけることが許可されます )

黄大仙祠は香港九竜の有名な勝地の一つで、最も有名な寺の一つです。盛名を馳せるし、誰でも知っており、お参りが盛んで、每年旧暦春節一日に、市民は皆初の線香を争います。伝説によると、祠内が祭った黄大仙は「お願いがあれば、必ず応える」し、十分に霊験です。当該祠は香港で唯一道教結婚式を催すことができる道教の寺でもあります。

香港九龙寨城公园(小生のお薦め:開放時間6:30-23:00 )

九竜寨城パークは寨城の元住所が遺留してきた歴史遺跡と中国江南伝統的な庭園の設計モードを揉み合いました。パーク全体は合計で八つ異なる観光スポットに分けられ、それぞれが衙府での昔偲び、南門懐古、八径異趣、四季とも素晴らしい、生肖の美しい姿、棋壇対局、獅子の園覗きと帰璧半亭です。

太平山(小生のお薦め:夕暮れに近い時に太平山頂に行くことを選んでもいい)

太平山とは香港の太平山を指し、英語:Victoria Peakは、一般的に「太平山の山頂」を指し、従って、香港人に山頂と略称されます。太平山の元名は「硬頭山」で、古くは香炉峰と称し、海抜高度は554メートルで、香港島の最も高い峰です。

2日間目

大三巴牌坊(小生のお薦め:有名な観光スポットは恋愛巷、大三巴、ナタ廟がある )

大三巴鳥居は、その正格な名称は聖パウロ大教会堂遺跡(ポルトガル語:Ruínas da Antiga Catedral de São Paulo)は、一般的に大三巴や鳥居 [1] と称し、マカオ天主の母教会堂(聖パウロ教会堂は1580年に竣工した)の正面にある前壁の遺跡です。

玫瑰圣母堂(小生のお薦め:行楽時間の長さは1-2時間であると薦める )

バラ聖母堂はまた、板樟堂や聖ドミニカ堂と称し、1587年に建て始め、スペインカトリック教の聖ドミニコ会の宣教師は初めてマカオに来た時に設立したもので、今まですでに四百年間の歴史があります。教会堂は1828年に再建築し、今日壮観な規模はつまり、ここから由来しました。

ベネチア人度假村(小生のお薦め:マカオ国際空港から2.11キロメートルです )

民間でいつもマカオベネチア人リゾート村、ベネチア人、ベネチア記などと俗称します。リゾートホテルはベネチア人マカオに所有され、及び運営され、その建築スタイルは米国ラスベガスのベネチア人リゾートホテルに従います。

旅行ヒント

香港を通過する注意事項:

1、香港国際空港手荷物の新しい規定:全部旅客が持ち歩いた液体、ゲル及びスプレー類物品はすべて容量が100100ミリリットルを超えない容器で盛り、容器は应储存于容量が1リットルを超えず、且つ繰り返し、密封できる1つ透明なビニール袋の内に貯蔵されるものとし、そして、ビニール袋は完全にきちんと密封されたと確保する必要があります。より安全な方法こそ、全部託送することで、化粧品など液体物品を含み、すべて託送できます。

2、香港でアイボリーの原材料や製品を輸出入することは、すべて法律の規制を厳格に受けます。旅客が香港にあるアイボリー製品は、価値がどのぐらいかにもかかわらず、全部内地へ輸入証明書を申し出るものとし、且つ香港で輸出証明書を取り扱わなければなりません。

3、香港は有名な免税港です。煙草、アルコール製品などの商品は比較的高い輸入税を徴収する必要がある他、余剰な物品は一般的に免税やとても低い輸入税を徴収します。それぞれの旅客は免税で、以下の物品を持ち歩き、香港に入国できる:アルコール類二1リットル 煙草類:60本タバコ、或いは50本シガー、又は250グラム煙草。また、機械カメラ、テレビなど大型電気器具、映画・テレビ器材を持ち歩き、香港の税関を出入りできます。しかし、中国内地を出入りすると、内地の関係法律に従い、登記・税金納付の手続きを取り扱う必要があります。香港へ赴くには是非とも注意してください、若しカメラ、撮像カメラを持ち歩き、中国内地の税関から出国すると、是非とも税関へ声明し、登記表を記入しなければなりません。そうでないと、帰路で内地税関に入る時、持ち歩いたカメラ、撮像カメラはやはり税金を納付する必要があります。

4、香港は北京と時間差無し。別途、香港衛生検疫には通常検疫証明が不要します。

5、人身安全に注意し、自分の財務をきちんと保管してください。

6、公共環境衛生を愛護してください。