河源·万緑湖鏡花縁二日間ツアー

線路の案内

D1:万緑谷景色エリア-客天下水晶温泉 D2:鏡花縁景色エリア

道に沿って、万緑湖の美しい風光を観賞し、【万緑谷景色エリア】を見学する:広東省河源市東源县回龍鎮東星村万緑湖の畔に位置しており、元生態体験遊覧エリアは茫々たる天子山脈中に隠し、3.5キロメートル連なり、粋、隠、幽、奇、険、古、拙を一体と集めます。遊覧エリア内に奇峰怪石、美潭落水、原始林、古木奇花などは、千姿万態、異なる趣味がはびこって、咲き競い、鮮やかな自然形態を塑造し、大自然の入神な技の傑作を示します。元生態自然景色を主導とし、観光客に身をその中に置かせ、深度参加と体験し、原始の野性をリリースし、自然に融け込みます;後で【空中漂流】に参加し、中国漂流のもう一世紀の傑作であると誉められ、漂流川道の全長は3.5キロメートルで、フルコースは段階を分けず、一次的に漂い済み、空中漂落の差は80メートルで、最も大きな落差の長さは300メートル余りで、あなたを自ら「高速鉄道」の速度、刺激を体験させ、まるで時空のシャトル、宇宙を疾走するみたいです;フルコースの落差は100か所余りにも達し、奇峰怪石、美潭落水、原始林、古木奇花を乗り越え、激情中で入神の技の大自然は何が粋、隠、幽、奇、険、古、拙なのか、驚嘆し、詩と絵の天地間において、山と水の懐の中で、あなたに「驚きあって危険なし」の激情を十分に楽しませ、平凡な生活と区分するユニークな感じです。

客天下水晶温泉に浸かる(30-35の温泉プールに浸かられる) :総投資は3億元人民元で、「世界浴文化」をテーマとし、設計は真新しく、ユニークで、レイアウトのスタイリングは巧みで、優雅で、自然景観が人文景観と完璧に結び合い、通年四季に観光客はすべて活動に参加可能な最高の旅行温泉リゾート村です。温泉の水質は澄んで、味無し、温度が36~68°Cで、炭素カルシウム泉に属し、その豊富な遊離二酸化炭素と微量元素の含有量は広東のトップです;中国区、日本区、ヨーロッパ区に分けられます: 日本浴は自然の山石、小渓、落水などを区分利用し、東瀛の特有する庭園景観を呈し、枯山水の手法を使い、「枯」「寂」を美しさとします。男女天体浴区で「天人合一」の自然環境を醸し出します。中国浴区は中国の特有した山の作り・治水の手法を全部納め、ロイヤル豪華な気質を体現し、天然漢白玉材料で建造した華清宮、九龍湯が代表した大唐芙蓉盛んな時代、各種の漢方薬、鍼灸物理療法など温泉プール ヨーロッパ浴区:ユニークな特色を備えた温泉浴場はあなたのために快適で、リラックスな享受をもたらし、あなたに思う存分シャワーがもたらした心身の愉悦を楽しませ、真にヨーロッパ温泉シャワースタイルの奇妙な感じを体験します!ローマ館、ドイツ館、フィンランド館、ヨルダン館に分かられます。 ダイナソーテーマ水上楽園:銅系で三大項からなり、敷地面積は約20000平方メートルで、年間接待量は延べ15万人にも達成しました。園区は親子一家交歓、陽光海岸、絶叫地帯、スーパーホーン、衝天回転、虹の滑り台に分けられ、多次元が共存するユニークな風貌を形成しました。企画構造上で「動を主とし、静を補とし、動静が交替する」設計構想を以て、河源人自分の水戯れ世界を作り出します。

路線のハイライト

万緑谷 元生態自然景色を主導とし、観光客に身をその中に置かせ、深度参加と体験し、原始の野性をリリースし、自然に融け込みます。

空中漂流 中国漂流のもう一世紀の傑作であると誉められ、あなたを自ら「高速鉄道」の速度を体験させます。

客天下水晶温泉 温泉に浸かるトップで、世界温泉浴文化、ヨーロッパ区、日本区、中国区に分けられます。ダイナソーテーマ水上楽園:「動を主とし、静を補とし、動静が交替する」設計構想を以て、河源人自分の水戯れ世界を作り出します。

鏡花縁 万緑湖の最も特色を備えた小さな島で、見る:女儿国客家における歌舞ショー。

行程の紹介

1日目

万緑谷景色エリア(小生のお薦め:開放時間8:30-17:30)

万緑谷レジャー休暇旅行エリア(万緑谷と略称する)は広東省河源市東源県回龍鎮東星村万緑湖の畔に位置しており、万緑湖の周りの道路上にある第一元生態自然漁村で、半世紀も封印した比べ物にならない景勝地と完璧な元生態社会風貌を持ちます。万緑谷レジャー休暇旅行エリアは葉屋坪リゾートと元生態体験エリアに分けられます。

客天下水晶温泉(小生のお薦め:温泉に浸かる時間は30分間超えないほうがいい。)

河源龍源温泉リゾート城は河源市街地の郊外に位置しており、ここは元生態自然環境とユニークで、稀なミネラル温泉を持ち、中国浴区、日本浴区、ヨーロッパ浴区、エゴガーデン温泉ホテル、ガーデン別荘などを一体と集めた大規模な旅行リゾート城です。

2日目

鏡花縁景色エリア(小生のお薦め:お薦め行楽時間の長さは1時間です)

観光スポットは万緑湖の奇抜な自然風光と豊富な動植物リソースに依託し、自然エゴ、庭園、森、奇石異洞などの景観を重点的に際立ち、小説中に描写した仙境・美景、エピソードをメインラインとし、百花広場、百花路、緑香亭、入夢岩、凝翠谷、紅顔洞、泣紅亭、女儿国、高空急降下など観光スポットと項目を設置し、観光旅行、湖浜休暇、森の休暇、フィットネス旅行、会議旅行、特別な特色ある刺激型旅行製品を一体と融け合う総合的な旅行エリアです。

旅行ヒント

温泉の注意事項: 1.温泉浴は繰り返して、浸かってもいいし、20分間おきにプールから上がり、プール辺でちょっと休み、飲物を飲んで、水分を補うものとします;

2.湯気が立つ温泉プールの中で、美を愛する女性はマスクしたり、冷たいタオルで顔を拭いたりしてもいいし、美容に更に資しますから;

3.温泉水の中にミネラルを含み、温泉に浸かった後、できるだけシャワージェルを少なく使い、清水で体を流したら、皮膚上に付けるミネラルを保つには更に資します;

4.温泉に浸かる前に是非とも体の上にある金属アクセサリーを取り除くものとし、そうでないと、ジェリーは泉水中にあるミネラルに「黒く染められます」。

5.温泉プールに入る前、先ず足がプールに入り、先ず両足を浸かり、また、両手で絶え間なく水を全身にかけ、水温に適応した後こそ、全身を侵入します。

6.温泉に浸かる時、同時にマッサージをしないでください。温泉に浸かる時、体の血液循環と心臓の心拍数も速め、若し同時にマッサージすれば、心臓の負担を大きく増やしますから。

漂流の注意事項:如何なる時にもすべてヘルメット、救命胴衣、サンダルを着用しなければなりません;漂流活動は集団的なスポーツで、参加者はチームワーク精神と仲間の面倒を見る願いがあるものとし、激流の漂流中で、船と船間は順次に見える距離内に保ち、衝突が生じることを避けます;漂流するプロセス中で、体は船側以外を超えないで、更に手やパドルで石にタッチできず、怪我を受けることを避けます;漂流は服を濡れるから、撮影カメラ、カメラ、携帯電話など貴重な物品は預かる必要があります。