香港太平山ビクトリア港日帰り旅行

線路の案内

D1:星の光大通り-太平山頂 -ビクトリア港(香港)

香港太平山頂は香港の最も高いポイントで、海抜は554メートルで、香港島の北西部に位置しており、ずっと香港のマークであり、香港の最も人気のある名勝観光スポットの一つでもあります。それはまた、ビクトリア峰や扯旗山といい、港島の最も盛名を馳せる豪華な上級住宅区です;壮麗な海港、鮮やかな都市景色を見下ろす望ましい場所です。景色の素晴らしい山頂のループバック歩行細道を漫歩して、重なり合った超高層ビル、グローバルで名を馳せるビクトリア海港、及び清々しく、快適なグリーン山々が見えます;盧吉道観光スポットから目を放して、展望すると、ビクトリア港の風光は更に余すところなく見えます。なお、獅子亭、山頂広場の展望台及びピークタワースガイデッキは、同じく極めて最高の景色を持っております!

ビクトリア港の名前はイギリスのビクトリア女王から由来しました。通年四季とも自由に出入りできます。早年すでにイギリス人が気に入って、東アジア地域で優れた港となる潜在力があり、後で清政府の手から香港を強いて占め、その遠東の海上貿易事業を発展しました。ビクトリア港はずっと香港の歴史と文化を影響してきて、主导香港の経済と旅行業の発展を主導し、香港が国際化大都市になる肝心な一つです。

路線のハイライト

太平山頂 は香港の最も高いポイントで、海抜は554メートルで、香港島の北西部に位置しており、ずっと香港のマークであり、香港の最も人気のある名勝観光スポットの一つでもあります。

行程の紹介

星の光大通り(小生のお薦め:)

香港九竜尖沙咀ビクトリア港の傍にある海浜ギャラリーは、ハリウッドの星の光大通りに倣い、建てられ、それを以て、香港映画業の発展史を記念し、近距離で百以上クラシックなスターの掌紋を観賞でき、且つスターと幕後英雄の情報、及び精選映画の断片をブラウズでき、あなたに香港の映画文化をさらに理解し、星の光が輝かしい旅程を享受します!

太平山頂 (小生のお薦め:)

観光客が必着する旅行ポイントで、旅行バスに乗り、山頂に到着し、山頂当たりは更に役人・紳士・名流の官邸の所在です。ここで、ビクトリア港の香港島、九龙半島の両岸を見下ろせ、古めかしい獅子亭と広々とした、快適な山頂パークは最高の鑑賞位置です。

ビクトリア港(香港)(小生のお薦め:)

【スターフェリー】+【鐘楼】+【幻彩詠香江】は香港に尋ねてきた旅客がビクトリア港を遊覧する必ず選ぶ行程で、『国家地理旅行雑誌』は嘗てスターフェリーに搭乗し、ビクトリア港の両岸を遊覧することは、「人生で必着する50の観光スポット」の一つであると誉めたことがあります。

旅行ヒント

香港を通過する注意事項:

1、香港国際空港手荷物の新しい規定:全部旅客が持ち歩いた液体、ゲル及びスプレー類物品はすべて容量が100100ミリリットルを超えない容器で盛り、容器は应储存于容量が1リットルを超えず、且つ繰り返し、密封できる1つ透明なビニール袋の内に貯蔵されるものとし、そして、ビニール袋は完全にきちんと密封されたと確保する必要があります。より安全な方法こそ、全部託送することで、化粧品など液体物品を含み、すべて託送できます。

2、香港でアイボリーの原材料や製品を輸出入することは、すべて法律の規制を厳格に受けます。旅客が香港にあるアイボリー製品は、価値がどのぐらいかにもかかわらず、全部内地へ輸入証明書を申し出るものとし、且つ香港で輸出証明書を取り扱わなければなりません。

3、香港は有名な免税港です。煙草、アルコール製品などの商品は比較的高い輸入税を徴収する必要がある他、余剰な物品は一般的に免税やとても低い輸入税を徴収します。それぞれの旅客は免税で、以下の物品を持ち歩き、香港に入国できる:アルコール類二1リットル 煙草類:60本タバコ、或いは50本シガー、又は250グラム煙草。また、機械カメラ、テレビなど大型電気器具、映画・テレビ器材を持ち歩き、香港の税関を出入りできます。しかし、中国内地を出入りすると、内地の関係法律に従い、登記・税金納付の手続きを取り扱う必要があります。香港へ赴くには是非とも注意してください、若しカメラ、撮像カメラを持ち歩き、中国内地の税関から出国すると、是非とも税関へ声明し、登記表を記入しなければなりません。そうでないと、帰路で内地税関に入る時、持ち歩いたカメラ、撮像カメラはやはり税金を納付する必要があります。

4、香港は北京と時間差無し。別途、香港衛生検疫には通常検疫証明が不要します。