海から見た深圳

海上で深センの概況を見る

当該航路の航程は100分間で、毎日二回船便を出し、昼間航行時間は16:00-18:00で、夜間航行時間は19:00-21:00です;観覧船チケット価格は200元/人で、前期プロモーション価格は150元/人で、チケット価格内容は一つ価格で全部含むという方法(即ち、乗船切符、船上で配備したアフタヌーンティーセット、最上階デッキ観光などの内容を含む)を採り入れます。キャビンの中に空間がとても大きく、施設が揃っており、また、選択を提供する2種類座席があり、四人席とシングル席があり、窓際の位置を選び、坐り、道沿いの景色を全部一望でき、次から観光航路に沿い、出発し、一緒に海上の見事な景色を見ましょう!

線路の案内

D1:SCT埠頭-海上世界·双璽-深セン湾体育センター(また、「春繭」ともいう)-招商局広場-深セン湾大橋-深セン蛇口クルーズライナー母港

当該航路の航程は100分間で、毎日二回船便を出し、昼間航行時間は16:00-18:00で、夜間航行時間は19:00-21:00です;観覧船チケット価格は200元/人で、前期プロモーション価格は150元/人で、チケット価格内容は一つ価格で全部含むという方法(即ち、乗船切符、船上で配備したアフタヌーンティーセット、最上階デッキ観光などの内容を含む)を採り入れます。キャビンの中に空間がとても大きく、施設が揃っており、また、選択を提供する2種類座席があり、四人席とシングル席があり、窓際の位置を選び、坐り、道沿いの景色を全部一望でき、次から観光航路に沿い、出発し、一緒に海上の見事な景色を見ましょう!

観覧船に乗ると、夕暮れの絶美な日没、夕日は深セン湾沿線の景色と引き立て合う美しい景色を観賞でき、海上のユニークな視覚を以て、「深セン速度」を感じ取り、深セン・広東・香港・マカオ大湾区と海上シルクロードの価値及び深センの輝かしい世界のユニークな魅力を味わいます。

海上で深センを見る道沿い部分の観光スポット

SCT埠頭——双璽——春繭——招商局広場——深セン湾大橋——深セン蛇口クルーズライナー母港

路線のハイライト

SCT埠頭 珠江入海口の東岸、深セン経済特区の南西部に位置しており、珠江デルタの経済腹地に背凭れ、深セン市の最も早い専門化コンテナ埠頭であり、中国大陸の最も早い中外合資の埠頭でもあります。青々とした青い空が引き立てた下で、SCT埠頭の中国紅は更に衝撃的です。

海上世界·双璽 海上世界·双璽は蛇口半島に位置しており、「中国最も国際化・最も住みやすい浜海トップ豪邸」「中国ドバイ回転塔」と誉められ、招商局140年間以来最もハイエンドなトップ豪邸で、専らグローバルタワートップのエリートのために、グローバルで珍しいリーダーの世界を作り出します。

深セン湾体育センター(また、「春繭」という) 春繭は、また深セン湾体育センターともいい、第26期世界大学生運動会のホーム館です。春繭は楕円形を呈し、それは競技場の東側の完璧な楕円形上で大胆に透き通った「フレンチウィンドウ」を「切り」出し、「海の門」と呼ばれ、競技場の中に坐ると、海及び向こうの香港が見えます。

招商局広場 招商局広場は世界トップ設計事務所である米国SOM建築に設計され、幅が18メートルであるロビーで、4.5メートル基準層の高さで、スマートエレベーター予約システム、深センの唯一の山海オフィスビルです。

深セン湾大橋 深セン湾道路大橋は深セン側の東角頭という一線開港口埋め立てエリアで、深セン蛇口東角頭と港元朗鰲堪石を接続します。深センの一側に立ち、海を隔たって、展望していくと、一座シルバー通路は曲がりくねって、海上にかかり、夜のとばりの下で聳え立っている斜張橋の明かりはきらきら輝いております。

深セン蛇口クルーズライナー母港 深セン蛇口クルーズライナー母港は蛇口クルーズライナーセンターと海上構造物から共同でなり、海上構造物は22万GTクルーズライナーバースを1つ、12万GTクルーズライナーバースを1つ、2万GT旅客・貨物ロールオンバースを1つ、新しく建築した旅客・貨物埠頭を1座含み、800GT客船バースを12個含み、旅客輸送中枢海岸線の総長は約1509メートルあります。蛇口クルーズライナーセンターの敷地面積は4.26万平方メートルで、総建築面積は13.6万平方メートルで、設計通過能力は50万人次/年で、共同検査機能を主とすし、オフィス、商業、レジャー、エンターテインメント及び都市交通、水路交通中枢を一体と結び合った建築総合体です。

行程の紹介

SCT埠頭(小生のお薦め:)

蛇口コンテナ埠頭有限会社は1989年に設立され、登録の略称が「SCT」で、1991年に正格に運営に投入し、深セン市の最も早い専門化コンテナ埠頭であり、中国大陸の最も早い中外合資埠頭でもあり、会社は招商局国際及び香港現代貨物箱埠頭により、共同投資・所有されます。珠江入海口の東岸、深セン経済特区南西部に位置しており、珠江デルタ経済腹地に背凭れます。

それは珠江デルタ水系と接続する天然地理優位に頼り、SCT埠頭はまた、隣の戦略パートナーと手を携え、力を入れて、黄埔、中山、順徳、江門、仏山、南海、番禺、珠海、湛江、茂名など華南地域の主な内河港と深セン西部の港エリア間を行き交っている「華南公共バージエクスプレス」を開発し、地元の荷主のために、より経済的、便利な水路中継サービスを提供しました。

青々とした青空が引き立てる下で、SCT埠頭の中国紅は更に人々を驚かせます。

海上世界·双璽(小生のお薦め:)

海上世界·双璽は「世界を影響する蛇口半島」に位置しており、「中国最も国際化・最も住みやすい浜海トップ豪邸」「中国ドバイ回転塔」と誉められ、招商局140年間以来最もハイエンドなトップ豪邸で、専らグローバルタワートップのエリートのために、グローバルで珍しいリーダーの世界を作り出します。

双璽·時間道は海上世界エリアの稀なハイエンド芸術住宅で、坐拥「山、海、都市、港」という景観を保有しております。国際的有名な大師が作り上げ、情景タイプの芸術庭園で、グローバルトップインテリアとスマート化システム、崇拝タイプ執事サービスと南海会五大会所の礼遇。双璽業主は家の前にクルーズライナーに乗り、世界一周旅行をし、グローバルファッション芸術を全部観覧できます。

深セン湾体育センター(また、「春繭」ともいう)(小生のお薦め:)

春繭は、また深セン湾体育センターともいい、当該体育センターは白い巨大な網棚構造を通じ、体育、商業など建築空間の整合を行い、その外形は「春繭」に酷似する故に、この名を獲得しました。

春繭は第26期世界大学生運動会のホーム館です。それは紅樹林及び海上世界など観光スポットに近寄ります。春繭は楕円形を呈し、それは競技場の東側の完璧な楕円形上で大胆に透き通った「フレンチウィンドウ」を「切り」出し、「海の門」と呼ばれ、競技場の中に坐ると、海及び向こうの香港が見えます。

深セン湾体育センターは第26期世界大学生運動会の主な支会場で、敷地面積は30.74ヘクタールで、坐落深セン湾から15キロメートルの海浜レジャー地帯の中段、南山後海中心区の北東角に位置しており、深セン湾と香港と隣り合い、主な建設内容は「一会場両館」があり、即ち、体育場、体育館、水泳館及び選手受付サービスセンター、体育テーマパーク及び、商業運営施設など、総建築面積は25.6万平方メートルも達成しました。

第26届世界大学生夏運動会が規定した試合任務を完成した後、当該センターは南山区全民フィットネスの中核な場所となり、国内外で大規模な体育試合の重要な競技場、深セン、香港、マカオ博覧会ショーの素晴らしいプラットフォームとなり、逐次に珠江デルタへ放射する有名な演芸センター、全区庶民がレジャー・エンターテインメントする望ましい行き先と旅行観光スポットと発展してきて、南山は国際友人がフィットネス、エンターテインメント、投資することを引き付ける主なウィンドウとなり、南山の経済発展、文化革新、商業繁栄を牽引する有力なエンジンとなりました。

招商局広場(小生のお薦め:)

招商局広場(元のナビゲーター塔)は、南山区蛇口工業区望海路と工業二路の合流処に位置しております。当該広場の総建築面積は106907平メートルで、オフィス面積は60585平メートルで、基準層面積は5600平メートルです。東は南海バラ園に隣り合い、南は南海ホテル、ヒルトンホテルで、西は碧涛別荘とウッズマンションで、北面は生い茂った南山です。世界トップ設計事務所である米国SOM建築に設計され、幅が18メートルであるロビーで、4.5メートル基準層の高さで、スマートエレベーター予約システム、深センの唯一の山海オフィスビルです。

招商局広場の周りに大量のエンターテインメント・レジャー施設があり、海上世界広場、ヒルトンホテル、15キロメートル浜海ギャラリー、太子湾クルーズライナー母港、金融センター二期、文化芸術博物館、深センプライバシーヨット会、バー通りなどセット環境を持ち、「ビジネスオフィス、飲食・ショッピング、ホテル、休暇、住居、文化芸術」を一体に集め、招商局広場を更に輝かしくさせ、深センのランドマークとなりました。

深セン湾大橋(小生のお薦め:)

深セン湾道路大橋は深セン側の東角頭という一線開港口埋め立てエリアで、深セン蛇口東角頭と港元朗鰲堪石を接続し、高速道路の基準通りに設計し、設計した走行時速は100キロメートルで、双方向の六つ車道のために両側の緊急駐車地帯を追加しました。深センの一側に立ち、海を隔たって、展望していくと、一座シルバー通路は曲がりくねって、海上にかかり、陽光の下で聳え立っている斜張橋はきらきら輝いており、深セン・香港両地の緊密な握手を象徴します。

深セン湾大橋は「深セン・香港西部の通路」ともいい、2007年7月1日に開通しました。全長は5545メートルで、その中で深セン側にある橋の長さは2040メートルで、香港段は3505メートルで、橋面の幅は38.6メートルで、全橋の杭柱は合計で457本あり、12ペア斜張ケーブルがあり、不対称的レイアウトを呈し、シングル塔単索面鋼箱梁斜張橋で、目下国内で最も広く、基準が最も高い道路大橋です。

大橋は南、北という二つ通航口を設け、メインスパンは210メートルと180メートルであるシングル塔鋼梁斜張橋案を採り入れました。非通航孔は75メートルスパンなど断面箱梁を採り入れました。走行条件を改善し、大橋の景観効果を増やすために、橋の軸線平面はS形を採り入れました。

若し高い所から見下ろすと、ややS形を示す大橋は曲がりくねって、海面を跨ぎ、まるで一匹巨竜が天海を乗り越え、繫がり合うみたい。西部通路のトレースは直線があれば、曲線もあり、はなはだ流線型を備えます。通路のトレースは少し曲がり度があり、設計上で運転手に道沿いで斜張橋の美しい姿を観賞させられるだけではなく、また、大橋そのものと運転手の走行安全も助力します。

通路上にある両座塔は高さが140メートル近い斜張橋の橋タワーと互いに相手へ仰向き、形態はまるで両座橋タワーが互いにそれぞれの高架引き道を牽引し、中間の深セン・香港の境目に至るようで、両地の人民は更に緊密な団結を渇望することと象徴します。

深セン湾道路大橋は深セン・香港という両地政府が共同投資したが、橋面の幅、走行車道の幅、路面の横坂などの面において、深セン・香港双方とも厳格的、統一な技術基準があるかた、大橋は実際上で一つ全体で、接続部分には如何なる痕跡無し、外部のスタイリングは橋梁の構造とまったく一致します。

深セン湾大橋車線変更高架橋は海上で作業し、その著しい特徴は「急、難、険、重」です。既存した海上施工経験と施工設備がない状況の下で、深セン湾大橋プロジェクト部全体の参戦従業員は科学的に組織し、念入りに施工し、前後スチールケーシングの沈下、鋼板パイルコッファーダムシルト逆流、高性能コンクリート(120年間の寿命)長距離輸送(距離は600メートルである)、海上キャストインプレースビームサポート施工、パンチ杭のパルプ漏れがひどいから、穴になりにくいなど技術難題を征服し、円満に工事任務を完成し、多くの市民の好評を受けました。

深セン蛇口クルーズライナー母港(小生のお薦め:)

太子湾クルーズライナー母港はまた、蛇口クルーズライナーセンターともいい、2016年10月31日に正格に起用しました。

太子湾プロジェクトは蛇口一突堤に位置しており、蛇口工業区は既存した充分利用现有的海域、海岸線や土地リソース条件を十分に活かし、港の機能を強め、水上旅客輸送センターを建て、国際クルーズライナー母港を発展し、深センの現代化・国際化浜海都市イメージを引き上げ、都市機能を完全する重要なプロジェクトです。建設した後、旅客輸送中枢、歴史文化博覧、文化芸術表演、会議展覧、ホテル、ホテルセット、ビジネスオフィス、ビジネスマンション、飲食、商業、エンターテインメントセット及び楽しい島海上イベント、式典などを一体とする海浜レジャー、遊覧及びビジネスイベントの総合的国際コミュニティを形成します。

当該工事水域建設内容は22万GTクルーズライナーバースを1つ、5万GTクルーズライナーバースを1つ、1万GT貨物ロールオンバースを1つ、旅客輸送埠頭が3座、生活海岸線が約600メートル、港池航路の浚渫を含みます;陸域建設内容は埋め立てを含み、工事量は約500万立方メートルで、陸域面積は約29ヘクタールを形成します。

太子湾クルーズライナー母港の建設を完成した後、華南地域で成为华南地区唯一的集「海、陸、空、鉄」を一体に集めた唯一の現代化された国際クルーズライナー母港となります。グローバル最大のクルーズライナーはここで停泊でき、太子湾は深センが香港につながり、世界へ進出する「海上の玄関口」となります。世界一周旅行をする夢は現実になります。

旅行ヒント

本航路は実名でチケットを購入することを実行し、チケット取り、船乗りがうまく行くことを保証するために、予約する時に、是非とも本名、証明書番号、携帯電話番号など有効的な情報を記入してください

天気、水流れ・航行速度、政府の募集・呼び出し、或いは団体貸し切りなど要素の影響を受け、ヨット航行時間は恐らく調整することがありますが、具体的な航行時間は船会社の公布に準ずる