大鵬古城日帰り旅行

線路の案内

D1:大鵬所城

大鵬古城は即ち、大鵬所城で、深セン市東部龍崗区大鵬鎮鵬城村に位置しており、公元西暦紀元1394年に建て始め、広州左衛千戸である張斌開により、建築されたものです。明時代に倭寇に抵抗するために、設立した「大鵬守御千戸所城」で、「大鵬所城」と略称します。その年に大鵬所城の敷地面積は約10万平方メートルで、城壁のたかさは6メートルで、長さは1200メートルで、城壁は山麻石、青石煉瓦で築かれたものです。深センの今日の略称が「鵬城」であるのは、ここから由来しました。城の平面は不規則な四角形を呈し、城内には主な通りが三本あり、それぞれが東門街、南門街や正街で、主な建築は左営署、参将府、守備署、軍装局、火薬局、関帝廟、趙公祠、天後廟などです。既存したパターンは基本的に留保し、東、西、南という三城門はやはり完璧に保存されております。

路線のハイライト

大鵬古城 この「深セン八景」のトップです。

旅行ヒント

①観光スポットの開放時間:09:00—18:00

②子供の身長は1.2メートル以下であると、無料で、1.2—1.5メートルの子供は切符を10元買います

③70歳以上の年配者は、身分証明書を持ち、無料です

④国慶節後、城内の小さな観光スポットの入場券クーボンであったら、20元課金します

⑤入場券はクーボン(2枚の小さな観光スポット切符を含む)で、その他課金項目無し、入場券不要