歓楽谷中英通り日帰り旅行

線路の案内

D1:浜海桟道-歓楽谷-地王ビル

【浜海桟道】は塩田港の西面に位置しており、また、都市の緑道ともいい、環境保護、低炭素、住みやすさを宗旨とし、建築したレジャー旅行工事で、海浜で長さが一キロメートルぐらいの木板桟道を築き、人に海景を眺めることに提供します。桟道の北面は海景高層住宅です。観光客はここで海浜の木板桟道を散歩し、海湾の美しい景色を思う存分楽しみ、レジャーの感覚を体験します……

金色海岸で豪華なヨットに乗り、【深セン・香港島一周ツアー】し、世界で第四大港の塩田港、大小梅沙、香港鴨州島、吉澳島を満喫し、遠くから竜吐珠を眺め、海上で展望し、空気が清々しく、気持ちが比べ物にならなく、快適で、一切は超然です。

【中英通り】、沙頭角の中英通りは特区中の特区です。「一通り両制度」は世界上でまたとない。内地から深センに来た観光客であっても、それとも深センの住民(沙頭角の住民を除く)であっても、中英通りに入ると、皆「特許通行証明書」を取り扱わなければなりません。この長さが250メートルで、幅が5メートル足らない小さな街上で8ブロック碑石を建てており、一方は我が国に管辖され、もう一方はイギリス側に管辖され、中英通りはここから由来し、一ページ活きた文化財となり、中国が嘗てあった屈辱を凝集し、中華民族の希望も渙発しております。

路線のハイライト

歓楽谷 真新しい新世代大規模なテーマ楽園で、初陣国家AAAAA級旅行観光スポットです

中英通り 世界上でまたとない一通り両制度です

浜海桟道 深セン塩田港の美しい景色です

行程の紹介

浜海桟道(小生のお薦め:公衆が遊覧するには比較的に適合する一つ場所です)

塩田海浜桟道は広東省深セン市塩田区に位置しておる海浜の緑道で、全長は19.5キロメートルです。西は中英通り古塔パークから始まり、黄金海岸線に沿い、沙頭角、塩田港、大梅沙を直列し、東は小梅沙パークまで至ります。

歓楽谷(小生のお薦め:濡れやすいので、着替えを持参したほうがいい)

開放時間:9:30-21:00或いは9:00-22:00

行楽に適宜する季節:通年四季ともできます

地王ビル(小生のお薦め:深センのパノラマ及び香港を見下ろす)

地王ビルの正式名称は信興広場で、高層ビルです。信興広場が占める土地はその年に深セン土地取引の最も高い価格を落札したため、「地王」と尊称され、このため、公衆はそれを地王ビルと称します。

旅行ヒント

1、観光客は是非とも有効的身分証明書の原本を持ち歩いてください、中英通りに入ると、一人ごとに一つ証明書ずつ持たなければなりません(そうでないと、中英通りに入ることができない)。

2、外国籍人士、香港・マカオ・台湾同胞、妊婦には証明書の取り扱いを与えず、中英通り立ち入り禁止、子供は戸籍簿の原本を持つ必要があり、且つ両親が付き添う下で、入ることができます。

3、観光客が関係有効的な証明書(身分証明書)を持ち歩くと喚起してください、将校証明書、年配者優待証明書を持った観光客は、関係証明書の証明を持ち歩いてください。

4、身分証明書や有効的な証明書、レジャー靴、水着、蚊防止薬品などを持参してください;65歳以上の年配者は是非とも身分証明書をきちんと持ち歩いてください。