大芬油絵村

観光スポットのプロフィール
大芬油絵村は深セン市龍崗区布吉鎮布吉村民委員会が管轄した一つ村民グループで、油絵産業の発展は一応規模を備えたため、「大芬油絵村」はすでに国内外で比較的高い知名度を享有しました。2004年11月、大芬油絵村が国家文化部に「文化産業示範単位」と名付けられました。改革開放の前に、村民はただ田畑を耕すことに頼り、生計を立て、1人当たりの年間収入は200元足りませんでした。1989年、香港人画商である黄江は大芬に来て、民家を借りて、油絵の収集と転売を行い、同時に学生を募集し、彼を助け、外国人ビジネスマンと締結した注文書を完成し、このため、油絵という特殊な産業を大芬村に持ち込みしました。黄江と黄江の学生が大芬村で油絵生産、買収や集中的に外国へ輸出するワンストップシステムを形成し、そこで、「大芬油絵村」の雛形が生じました。益々多くの絵師や画工は次々と大芬村で拠点を構えることにつれて、黄江の外、また専ら油絵の買収と外国へ輸出する規模が比較的大きな画商が両家出現し、それぞれ画商の周りにすべて一陣専らそのために商品を供給する画工が集まりました。「大芬油絵村」の規模は年々に拡張していき、名声も年々に引き上げていきます。そこで、今日の「大芬油絵村」を形成しました。