大鵬所城

観光スポットのプロフィール
大鵬所城は全国重点文化財保護単位です。大鵬所城は中国歴史文化の有名な村です。大鵬所城は、深センが「鵬城」と呼ばれる起源です。大鵬所城は明時代洪武二十七年(西暦紀元1394 年)に初めて建築され、敷地面積が十万平方メートルにも達し、明・清という両時代に南中国海防軍事要塞でした。深センが今「鵬城」と呼ばれるのは、ここから起源したものです。明時代の大鵬所城は武略将軍の劉鐘、徐勲を持ち、清時代の大鵬所城は頼氏「三世代五将軍」、劉氏「父子将軍」など明・清という両時代の十数人将軍を持ち、所城はこのため、「将軍村」という栄誉を享有します。
チケット情報

1、子供の身長が1.2メートル以下であると、無料、1.2—1.5メートルの子供が入場券を10元購入します

2、年配者は70歳以上、身分証明書により、無料

3、国慶節後、都市小さな観光スポット入場券クーポンであると、20元課金します

4、入場券はクーポン(2枚小さな観光スポットチケットを含む)であると、その他課金項目無し