鶴湖新居

観光スポットのプロフィール
鶴湖新居は全国で敷地面積が最大の客家方形城タイプランドハウスの一つで、興寧羅氏が乾隆年代に建築しはじめ、嘉慶二十二年(1817年)に建設済み、建築全体は内外という二重の輪をはめ、できたもので、中心は館タイプの三つ母屋・二つ横置き家屋で、囲い屋は祠堂を中心とし、閣、楼、ホール、母屋、部屋、中廊、庭、天井、通路など建築は互いに関連し合い、隔てても切れず、見守って、応じ合い、「九天十八井、十閣走馬廊”という名称があります。館内に各類客家用品など文化財をコレクションし、及び基本的陳列展覧並びにシーンを設けております。
チケット情報
一人ごとに一枚入場券ずつ、各入場券は10元です。 注:1、身体障害者、民政部門が確定した低救助対象、五つ保証世帯、現役軍人は、関係証明書により、無料です;2、中小学生が団体で見学すると、無料で、個人的見学には半額切符を実行し、1.2メートル以下(1.2メートルを含む)の子供は無料で、1.2メートルから1.5メートル(1.5メートルを含む)までの子供は半額切符です;3、70歳以上(70歳を含む)年配者及び『深セン市敬老優待券』を持った年配者は無料を実行し、65歳から70歳(65歳を含む)までの年配者は半額切符です。