中英通り

観光スポットのプロフィール
中英通りは深セン市塩田区沙頭角街道が管轄した沙頭角鎮の内に位置しており、通りの長さが250メートルで、幅が3から4メートルまでで、それは元々梧桐山の下にある一つ小さな漁村の傍にある小さな川溝で、歳月の経ったことにつれて、逐次に形成した小さな街です。中英通りは19世紀の半ばにイギリス植民主義者が中国を侵略した産物で、街中の8ブロック限界碑を限界とし、一方は深センに管辖され、もう一方は香港に管辖され、これは特定の歴史背景の下で形成したユニークな人文景観です。中英通りは現に広東省愛国主義教育拠点で、深センの八つ景の一つで、深センがユニークで、全世界で唯一無二の「一通り両制度」免税商業通りであれば、また、辺境の特別管理区でもあります。旅行ネットサイトのヒント: 沙頭角中英通りは特区中の特区です。中英通りに入ると、内地から深センに来た観光客であっても、それとも深センの住民(沙頭角住民を除く)であっても、国境警備部門が発行した「特許通行証明書」を取り扱わなければなりません。
チケット情報
中英通りに入ると、公安国境警備部門へ『国境特別管理区通行証明書』の取り扱いを申請するものとし、材料コスト費用は10元/人です。深セン戸籍ではない観光客は零細観光客団の形を以て、地元政府が指定した合法的な旅行会社で統一に申告し、団体で中英通りを出入りし、総合的な費用は50元/人です。