世界の窓

観光スポットのプロフィール

深セン世界の窓は香港中旅グループと華僑城グループが共同投資し、建設した大規模な文化旅行観光スポットで、1994年6月18日に開園し、国家初陣5A級旅行観光スポットです。

世界の窓の敷地面積は48万平方メートルで、観光スポットは世界地域構造と遊覧活動の内容に従い、世界広場、アジアエリア、オセアニアエリア、ヨーロッパエリア、アフリカエリア、アメリカエリア、世界彫塑園や国際街という八つ大きな区域に分けます。世界文化精華を発揚することをテーマとする大規模な文化旅行観光スポットとして、世界の窓は世界数千年人類文明の精華を集め、歴史的遺跡、名勝、自然風光、世界奇観、民居、彫塑など130余りの観光スポットがあり、その中に庭園芸術、民俗風情、民間歌舞、大規模な演出及びハイテク参加性エンターテインメント項目などを含みます。

深セン世界の窓は最初文化テーマを以て、エンターテインメント項目を包装することを作り、2012年に大きな力を入れて、旅行生活の新しいファッション「ヨーロッパを通り抜ける」、世界で初のライブ撮影の宙吊り式ボールスクリーン映画館「アメリカを飛躍する」、アルプス氷雪世界、アマゾンジャングルシャトル、コロラド峡谷漂流、グリーンランド島の地心探検、富士山デジタル映画館など十余りの動的刺激なエンターテインメント参加項目を推し出し、観光客のためにレジャー、リラックスを一体と集めた都市ファッション生活空間を提供します。

マルチ階層完全な観光スポット演出システムは、世界の窓が念入りに作り出した特色ある文化製品で、大規模な広場芸術の夕べを主幹とし、シーザー宮の夕べを繁多な枝とし、観光スポットの演出を茂り葉とする完全な表演システム、異なる階層の観光客が皆世界文化芸術の精神的な享受を獲得できます。大規模な史詩夕べは観光スポットの最も吸引力を備える競合品で、「思いも寄らない広さと壮麗さ、見切れられない盛世の繁華」を以て、市場と社会の熱烈な引っ張りだこを勝ち取りました。開業してから、今まで相次いで『カーニバル世界』、『世界はここで出会う』、『夢の旅』、『未来を抱きしめて』、『創世記』、『世紀を越える』、『千古風流』、『天地ロマン』など大規模な史詩の夕べを推し出しました。その中で、『世紀を越える』、『千古風流』は相次いでIAAPA最も高い大賞——最高の全体製作賞とIAAPA最高の演出賞を光栄に獲得し、『天地ロマン』は成功に国家文化部と国家旅行局が共同評価した第一陣『国家文化旅行重点項目リスト——旅行演出類』リストを入選し、中国旅行芸術史上の奇跡を創造しました。