深セン歓楽谷

観光スポットのプロフィール

深セン歓楽谷は華僑城グループの新世代大規模なテーマ楽園で、初陣国家AAAAA級旅行観光スポットで、敷地面積が35万平方メートルで、総投資が20億元人民元で、参加性、鑑賞性、エンターテインメント性、趣味性を一体と融け合った中国現代テーマ楽園です。

1998年に開業した以来、深セン歓楽谷は五期のローリング開発を経て、すでに已成为国内で投資規模が最も大きく、施設が最も進んだテーマ楽園となりました。開業した十四年間以来、深セン歓楽谷は合計で国内外からの観光客を延べ3000万人以上受付し、入園人数は引き続き8年間国内の第一位に誇りに位置し、そして、引き続き四年間アジア太平洋で十大テーマパークを光栄に獲得し、中国テーマパーク業界のフロントランナーとなりました。

深セン歓楽谷はパーク全体合計で九つ大きなテーマエリアがある:スペイン広場、幻の城、冒険山、金鉱町、シャングリラ?雪国、ハリケーン湾、陽光海岸、楽しい時間やアジアで最初国際水パーク協会「業界革新賞」を光栄に獲得したマヤ水パーク、100余り老若男女とも相応しく、カラフルな遊楽項目。米国、オランダ、ドイツなど国家から多くの全国ないしアジアが独有した項目を導入しました:例えば:グローバル至尊弾射式ジェットコースター「雪域雄鷹」、世界で最も高い落差の「激流勇進」、中国初の宙吊り式ジェットコースター「雪山飛龍」、中国初の巷式「鉱山車」、中国第一の「完璧な嵐」、中国第一両「古典を倣ったタイプパーク回りの小さな汽車」、アジアの最も高く、中国で初座の「スリルのタワー」-スペースシャトル、アジアで首座の視覚、聴覚、触覚を一体と集めた四次元映画館、世界軌道の最も長い水戦船--ジャングル水戦及び国際一流レベル、国内第一本の高架観光遊覧列車--楽しい幹線。何度もスリリングな楽しい経歴、それぞれ真も幻も見極められない楽しい世界。

深セン歓楽谷--中国で最も魅力を備えた都市エンターテインメントセンターで、「動的、ファッション、激情」で、繁華な都市は楽しくて、あなたを永遠に忘れがたくさせます。