錦繍中華民俗村

観光スポットのプロフィール

深セン錦繍中華民俗村は中国で初の文化テーマパークであり、国内で接待した観光客が最も多く、モデル性を最も備えるテーマパークで、目下累計で国内外からの観光客を延べ6000万人受付し、国家初陣5A級旅行観光スポットと中国旅行景勝地の四十ベストです。一步で歴史に邁進し、一日間で中国を楽しく行楽します。

錦繍中華民俗村は中国伝統的文化の集結地で、錦繍中華ミニチュア景勝地と中国民俗文化村からなります。ミニチュア景勝地内で1:15の割合を以て、全国各地の80余り有名な旅行観光スポットを縮小し、寺院・タワー、亭や楼閣、小さな橋・流れている水などクラッシックな庭園建築は様々です。三山・五岳、有名な江や大きな川、奇抜な峰・怪石など自然の山水が数えても数え切れません。万以上の精緻な陶器彫塑人物と建築、庭園と融け合い、真実に中国五千年の民俗文化を再現しました。中国民俗文化村の景色は素晴らしく、詩と絵のようで、1:1割合で作り出した20余りスタイルがまったく異なった民族村は、自然環境を民族風情と巧みに融合し、正真正銘に我が国の各少数民族同胞の生活シーンを再現しました。

錦繍中華民俗村は現代都市のクラッシックな良い示範で、彼女は努力して、伝統的な文化の内包を発掘し、クラッシックな文化の現代転換を探索し、伝統とファッション、経典と潮流、鑑賞とインタラクティブを結び合い、前後二十回余り国内外で名の知られた大規模な夕べを作成・完成し、その中に『中華百芸盛会』は中国広場演芸の先例を開き、『東方霓裳』は国家踊り蓮の花賞を獲得し、『中華龍鳳舞』が深センに来たら、必見する夕べであると誉められ、2008年度IAAPA米国演出最高年ショー指名賞を獲得しました。

『阿詩瑪の故郷』、『飛陀螺』、『不思議な阿佤山』など大量の民族文化芸術逸品、タイ族の水かけ祭り、苗族の芦笙節、イ族の松明節、中国民族の大廟会、夢中な聊斎の夜、一連のカラフルな民族祭りイベントは通年の365日を貫き、錦繍中華は春・夏・秋・冬にもかかわらず、いつでも濃厚な祭りの雰囲気を満たします。

茶馬古い道を代表とする新型なインタラクティブ体験項目は錦繍中華が観光客へ捧げる情を込めた力作で、形がそれぞれ異なったチャン族建築群れ、佤王府デジタルインタラクティブ劇場、新疆風情を独有した三百六十度リングスクリーン映画館及び茶马宿場は、観光客のために多元化したレジャー・エンターテインメント体験を捧げます。身を錦繍中華におけ、歴史的時空を乗り抜け、神州の美景、民俗風情を観賞し、素晴らしい演出を味わい、民族エンターテインメントを遊び、伝統的なグルメを味わい、中国文化を理解するには、ここから始めましょう!