紅樹林

観光スポットのプロフィール

紅樹林自然保護区は深セン湾の畔に位置しており、紅樹林自然保護区、当該自然保護区の面積は367.64ヘクタールで、70ヘクタール天然紅樹林があり、22種類の紅木植物があります。我が国で面積の最も小さな国家レベル自然保護区で、国外エコ専門家に「ポケットサイズの保護区」と呼ばれます。

每年シラサギ、ズグロカモメ、カラフトアオアシシギなど189種、10万匹以上の渡り鳥が南へここに移し、休んだり、越冬したりします。保護区内では、紅樹林植物群落の他、また、その他55種の植物があり、千姿万態です。

それは深セン市街地内のグリーンギャラリーで、美しく、広々とした浜沿い大通りに背凭れ、浜海エコパークと一体に連なり、青々とした波がゆらゆら揺れている深セン湾に向け、鳥類が棲息したり、戯れたりする天国、植物の王国であるだけではなく、人々が遠足、鳥観賞、海観賞、自然風情を体験するいい行先でもあります。紅樹林海浜パークは国家レベルの鳥類保護区で、東半球の渡り鳥が移行する棲息地と途中の休憩場所です。

統計によるとお、紅樹林が最も多い時に、嘗て180種類の鳥類がいたことがあり、その中に20種類余りは国際、国内で重点的に保護される珍しい品種です。自然保護内で地勢が平らで、広々とし、沼、浅瀬や木々など複数種類の自然景観があり、ここで夕焼けと千鳥と一斉に飛び、静かな水が果てしなく広々とした空と一色となる自然の美景を観賞できます。每年約40万匹に近い200種類の渡り鳥が紅樹林保護区へ来て、休憩したり、越冬したりし、サギ、かもめ、雁、アヒルなどを主とし、白いコウノトリ、白皮鷺、中華秋沙鴨など55種類国家の重点保護鳥類を含みます。もちろん、ここで通年四季節とも紅樹林の中で暮らしている鳥類もいるし、こういった鳥は我々が留鳥と呼びます。

この一面の紅樹林湿地で、また、絶滅危惧種の鳥類——クロツラヘラサギが棲息しており、昨年すでに新記録を樹立する311匹も達成しました。2005年にグローバル同期した「鳥の人口調査」の結果により、示し、グローバル既知したクロツラヘラサギの数量は1475匹しかいないし、深センはグローバル総数の21%を占めました。每年の秋、極度絶滅危惧の鳥類であるクロツラヘラサギとも深セン湾に飛んできます。この時に至ると、多くの鳥観賞の愛好者と市民は次から次へと深セン湾畔の紅樹林海浜エコパークにやってきて、「長い銃と短い大砲」を構え、争って、風采を観賞します。紅木を観賞したり、鳥の飛びを眺めたり、魚の泳いでいることを見たりすることは、すでに深セン人は自然と調和を取れて、付き合う暖かい光景となりました。

深セン紅樹林は紅木科植物を主とし、組み合わせた海洋木本植物群落で、樹幹が浅い赤色を呈することで、その名を獲得しました。ここに自然成長している植物は海漆、オヒルギ、秋茄子など珍しい樹種があります。紅樹林の中に濃い緑色の木の茂みは秋茄子で、その果実は茄子の形をして、実際的には「胎の苗」で、それはオヒルギと植物界で唯一の「胎生」植物で、「胎の苗」は木の上に発芽し、根付け、開花から「胎の苗」に成長するには、10カ月「妊娠」することが必要し、その後こそ、泥土上に脱落でき、一株新しい紅木に成長できます;浅い緑色の群落は桐花木で、塩分が比較的高い水環境に適応するために、それらは塩腺を通じ、体内の余った塩分を排出し、昼の時分に至るごとに、それらの葉の上に一層細かい塩を分泌します;紅樹林中の「美男」はオヒルギを数え、木の形は高くて、真っすぐに伸びており、花が真っ赤で、鮮やかです;オヒルギと比べ、白骨壤のような曲がりくねった樹幹と枝は見劣りがするし、紅樹林群落のパイオニア樹種として、それは海寄りの最外層に成長しており、台風の高波に真っ先に立ち向かい、曲がった枝と樹幹はそれらに比類なき強靭な力を与えました。