鳳凰山

観光スポットのプロフィール

鳳凰山は宝安第一山と誉められ、宝安区福永鎮鳳凰村の東の山系に位置しており、海抜は678メートルあり、周囲が1.2キロメートルあり、昔から「鳳山福水福溢れ地」という名誉があります。

鳳凰は奇抜で、険しく、素晴らしく、半月形を呈し、展開し、恰も西海の浜に嵌り込んだ三日月のようで、南国の大空・肥えた土地の上に高くかかり、西へ伶仃洋を眺め、南へ深セン湾を見下ろします。山々は連なり、青々と重なり合い、樹木は四季に茂ります;百鳥が鳴き、花と果実がいい香りを漂います;山の泉は浅くて、歌い、溝・洞窟が奥ゆかしく隠れ、奇石がカラフルで、古い寺が輝かしい。水と山の景色、険しい岩・古い洞窟は、風光明媚で、雄大・壮観な山水絵巻を一枚構成しました。鳳凰山の自然景色はきれいで、人文景観が豊富で、清朝に新安八景の一つにリストされました。

鳳凰文昌塔は清の嘉慶時代に建て始められ、嶺下村の西面の道口に位置しており、青い煉瓦で作られ、六階建てで、高さが約20メートルで、宝安県が既存した最も高い古い塔です。現に鳳凰文昌塔がすでに深セン市の重点文化財保護単位にリストされました。夕焼け景勝地は万蝠洞、石乳清湖、獅子巨石、伶仃奇石など大自然風光観光スポットからなります。山頂景勝地の主な観光スポットは「雲頂参天」で、また、飛雲頂とも呼ばれます。明朝の新安進士である鄭文炳は嘗て「節を持ち、まっすぐに飛雲頂に上って、手を上げて思わず大空を摩る」という秀句を残しました。「雲頂参天」は古い鳳凰岩八景の一つです。

雲頂参天のところは南北という二つ道を分け、見学できます。南道は猪兜石、万蝠洞、石乳清湖、煙楼遠望など観光スポットがあります。北道は試剣石、伶仃奇石、較剪石などの観光スポットがあります。鳳凰には墨無しが、千秋絵となり、山水には弦無しが、万古琴となり。昔から「鳳山福水福溢れ地」という鳳凰山景色遊覧名勝地は、確かに山水が自然で、景色が素晴らしく、観光客が暇つぶしと情操を陶冶するよい行き先です。観光スポットが風光明媚で、空気が清々しく、都市の辺縁にある一つレジャー・エンターテインメントする宝地です。