深セン中心区ライトショー

観光スポットのプロフィール

2018年9月28日の夜、深センは光が溢れ、明かりは輝かしく、夜景が魅力的でした。「光り輝く新時代」深セン中心区ライト演出は正格的に最初ショーし、市民センター、蓮花山頂、センター書城広場などで演出を見る最高の「C位」は全部見に来た市民でいっぱい占められました。この市民に画面刷新され、数カ月楽しんでいたライトショーは、始まったら、人々が驚き声を上げ、初ショーは素晴らしく、シーンは盛り上がり、中央テレビ局当方時空番組と中央テレビ局ニュースはこれに対して、報道を行いました。

28日の午後5時30分ぐらい、夜の7時30分に正格的に始まる第一回ライトショーから、まだ2時間あったが、市民センター広場の階段上で、すでに次から次へと市民が座席を占めに来ました。同時に、少なからず市民は夕暮れの五、六時に蓮花山の頂上に登り、前列の位置を占めようとしました。近くの道上で、次々とますます多くの市民が集まってきました。

「私は中国を愛する!」といういくつか大文字は市民センター広場の真向かいにある高層ビルに出た時、それぞれビルとも真っ赤を出し、とても目を奪い、広場上の方形柱体上で巨幅な五スター紅旗を呈示し出しました!晚の6時30分、市民センター広場の周辺における43座高層ビルが一同に明るくされ、巨大なスクリーンを形成し、同時にライトショーの序曲「私は中国を愛する」という演出を始め、瞬間で、一面の光・影の海洋を形成しました。美しい「私は中国を愛する」という音楽が鳴った瞬間、広場上の人群れは驚き声を爆発し出し、とても多くの人は一斉に携帯電話を上げ、シャッターを押し、この人々に胸を躍らせる画面を記録し、酢急速に祖国の誕生日に対する深い祝福中に浸しました。

夜7時ぐらい、蓮花山頂ですでにライトショーを見に来た市民がいっぱい立っており、周辺地方も人でいっぱい、とても多くの市民は皆ライトショーに対して、期待に満ちておると言い、また、外地からわざわざ身に来た人もいました。

序曲が終わった後、ライトショーは「四つ大きな章」という演出に入り、一束の光が蓮花山から平安ビルまで打ってきたと見え、順次に今回ライトショーに参加したそれぞれのビルを明るくさせました。一棟一棟高層ビルの上に、画面は時には海底に入り、活躍している魚群れが出て、時には海面から飛び出し、金色の日光が現れ、第一章「山海の城」という美景を展示しました。明華輪は灯台の案内する下で、改革開放の流れ中で、すさまじい勢いで、前進し、このような画面は観衆を第二章の「改革の窓」に入ることを導きました。その次に、飛行機、高速鉄道、また、いくつか世界ランドマークは画面に入り、第三章「革新の都」を述べておりました。最後は第四章の「調和の取れた境」で、画面中において、若者は広場でランキングしたり、踊ったりしており、青い空、青緑な海、ヨットとジャンクは行き交っておりました。このような演出は深センの開放・包容する都市の気質とファッションで、大らかな国際化イメージを展示し、見るのは輝かしく、クールの演出であるだけではなく、更に明かり・音楽の雰囲気中で一緒に深センがフルコースを歩いてきた変化・発展を顧み、深センの速度、深センの高度や深センの温度を感じ取っておりました。

改革開放40年間を祝うために、今年以来、深センは景観照明向上行動を組織・実施し、美しく、快適で、現代都市の繁華と魅力を備えたライト環境を作り出し、市民と観光客のために都市の夜の公共文化空間を作り上げます。6月末前に、深セン中心区ライト工事は初歩的に完工し、その後、また、数カ月のテスト、デバッグや完全を経たことこそ、夕べの初ショーがやっとできました。ライトショーの演出手配により、夕べ合計で三回演出し、見に来た市民の目を十分に満足させました。