何香凝美術館

観光スポットのプロフィール
1995年5月13日に何香凝美術館は中央の承認を経て、深センで興建し、1997年4月18日に建設済み、開館しました。その時に中国共産党中央総書記として、勤めっていた江沢民は館の名を書き記しました。中国で初めて個人的な名前で名付けた国家レベル美術館です。何香凝美術館の建築面積は5000余り平方メートルで、主体が灰、白という二つ色調を採り入れ、典雅で荘重です。建築のスタイルは極簡単で、素朴で、濃厚な伝統的な文化雰囲気中において、現代感を体現し、更に何香凝様の生涯の品格を体現します。美術館の建物は合計で三階建てで、主な展示ホール、サブ展示ホール、貴賓ホール、多機能報告ホール、コレクションライブラリー、アトリエ、美術トレーニングセンター、表装間及びカフェ、書店などセット施設を設けております。 何香凝美術館は何香凝様の芸術創作及び芸術文献資料をコレクション、陳列や研究することを基本的宗旨とします;そして、優れた海外華人の芸術、女性芸術、若い芸術家の創作を企画・展示・コレクション・研究し、関係芸術史文献資料などの整理と保存を主な学術仕事とします;コミュニケーションに重んじ、中外当代芸術を紹介し、推薦します。館を建てた以来、何香凝美術館は何香凝芸術と当代芸術の伝播と普及する公共芸術機関として、「何香凝芸術陳列」、「深セン国際当代彫塑ショー」、「何香凝美術館学学術フォーラム」、「何香凝美術館学術講座」、「全国美術大学油絵専攻の現役卒業生優秀作品ショー」などを中核とする学術ブランドを創立しました。そして、2005年に海内外当代芸術リソースを整合し、中国当代芸術が国際とつながることを推動する「OCT当代芸術センター」を設立しました。何香凝芸術、中国当代芸術や中外芸術のコミュニケーションと発展を推動するために、何香凝美術館は積極的、主体的な姿を以て、中国改革解放の前線特区で活躍しております。十年間余りたゆまぬ努力を経て、すでに中国芸術界、学術界や社会上で比較的強い影響力が生じ、当代性、学術性や知識型美術館のイメージを形成し、且つ逐次にその影響力を国際まで放射しました。
旅に出るヒント

最盛期開放時間:火曜日から日曜日まで:9:30-17:00(16:30入館停止)、月曜日は休館する(祝・休日の他、特殊な状況は公式サイトで知らせる)。

閑散期開放時間: 火曜日から日曜日まで:9:30-17:00(16:30入館停)、月曜日は休館する(祝・休日の他、特殊な状況は公式サイトで知らせる)。