深セン音楽ホール

観光スポットのプロフィール
深セン音楽ホールは深セン市文化施設中における象徴的な建築で、それは深セン市福田中心区に位置しており、敷地面積が26,345平方メートルで、建築面積が41,423平方メートルで、国際建築界で名の知られた日本の有名な建築大師である磯崎新氏により、主宰・設計され、現代化的、専ら音楽を演奏するために、設計・建造した専門的音楽ホールです。 深セン音楽ホールは演奏ホール、小さな劇場やその他付属施設からなります。演奏ホールは目下国内で規模の比較的大きな純自然音演奏ホールで、峡谷棚田の形を呈し、総面積は2323平方メートルで、1680の座席があります。演奏ホール中にある巨大なパイプオルガンは深センで目下唯一のパイプオルガンです。小さな劇場は高空吊り下げタイプ演出ホールで、総面積は629平方メートルで、ステージ設計は伸び出しタイプの多変型で、観衆席は三階に分かられ、座席は400座から580座まで調整できます。金樹ホール、音楽サロン、音楽広場、スタジオ、トレーニングピアノルーム、VIPホール、化粧室、観衆休憩室などセット施設は、音楽ホールの芸術魅力と実用機能を豊富し、その中をさまようと、芸術的気息を感じ取られ、精神上の愉悦を獲得します。 深セン音楽ホールの落成は、深センが国際大規模な交響楽団を接待したり、大規模な国際音楽コンクールなどを催したりするために、国際的基準に該当する専門的芸術イベンド空間を提供します。2007年10月に開業した以来、深セン音楽ホールは複数の音楽演出イベントを念入りに企画し、ズビン・メタ、郎朗、譚盾、ジートン・クライマー、ザッカーマン、アイゼンバッハ、イスラエル愛楽楽団、ロンドン愛楽楽団、シンガポール華楽団、深セン交響楽団など国内外の有名な音楽大師と楽団が奏でた美しいメロディーは観衆に世界で一流の芸術家と演出団体の風采を味わせました。今、深セン音楽ホールが作り上げた春・夏時分の「春聆音楽ホール演出シーズン」、夏休みに子供たちへ捧げる「カラフルな夏の演出シーズン」及び秋・冬時節の「秋聆音楽ホール演出シーズン」という三つ演出シーズンはすでに人の心の深入り、交響楽、声楽、ソロ及び重奏、パーカッション、ジャズ、フォーク音楽など、形が様々で、目まぐるしい見事な演出は、とても多くの市民に深く愛され、深センという都市の品位を大いに引き上げました。