開放・発展

交通中枢

四十年間に近い改革・発展を経て、深センの総合的な交通輸送システムと都市交通運行システムはすでに基本に確立しました。

海港

深セン港はすでに国際コンテナの中枢港となりました。2018年、深セン港コンテナのスループットは2573.59万基準箱にも達し、2.09%増で、グローバル第四に位置付け、合計で国際コンテナライナー航路は223本あります。深セン港は相対で、「両翼、六区、三主」に分けられます。その中で、「両翼」は東、西部の二つ大きな港群れを含み、「六区」とは東部の塩田、大鵬港エリアと西部の南山、大鏟湾、大小鏟島や宝安港エルアのことを指し、「三主」とはコンテナ輸送を重点とし、深セン港の中核な競争力を体現する塩田、南山や大鏟湾という三大主体港エリアのことを指します。合計で万トンレベル以上のバースが75、国際友好港が25あります。   深セン蛇口クルーズライナー母港は、華南区で「海・陸・空・鉄」を一体と集めた現代化国際クルーズライナー母港で、グローバル最大のクルーズを停泊できます。2016年11月、蛇口クルーズライナー母港は開港しました。2018年、合計で国際クルーズライナーを延べ178隻停泊し、出入国旅客の接待量は93%増です。

空港

深セン空港は国家に国際航空中枢に位置付けられます。2018年、旅客のスループットは延べ4934.92万人で、前年同期比が8.2%増です;貨物郵送のスループットは121.85万トンで、前年同期比が5.1%増です。2018年末、深セン空港に運営航空会社を46社入居し、旅客輸送は通航グローバル168の都市(国内が119あり、国際は45あり、地域が4つある)へ通航し、ロンドン、パリなど15の国際通航都市を新しく増やし、国際航空旅客は34%増です。

鉄道

深センは国家鉄道総合的な交通中枢です。広州・深セン・香港の旅客輸送専門線、アモイ・深セン鉄道の開通・運営につれて、深センの境界内で初步的に「ダブル十字」鉄道路線レイアウトを形成しました。鉄道運営の総走行距離は約180.48キロメートルで、その中で、広州・深セン・香港の旅客輸送専門線は47.8キロメートルで、アモイ・深セン鉄道は46.48キロメートルで、広州・深セン鉄道は24.0キロメートルで、平南鉄道は41.5キロメートルで、平塩鉄道は20.7キロメートルです;「二主三補」という鉄道中枢レイアウトを形成し、その中で、「二主」は深セン駅、深セン北駅で、「三補」は深セン東駅、福田駅、坪山駅です。   2018年9月23日、広州・深セン・香港高速鉄道香港区間は正式に開通し、深セン市センターから香港九竜に到着する時間は14分間まで短縮し、深セン・香港両地の要素流動は更に素早く、深セン・香港の1時間生活サークルはすでに形成しました。

深セン・香港の協力

深セン・香港科学技術革新特別協力区   2017年1月3日、深セン・香港の双方が協力覚書を締結し、ヘタオエリアで「港深革新及び科学技術団地」を作り出すことを明確しました。同時に、深センはへタオエリアと隣り合う深セン川の北側で「深方科学教育創業団地」を建設し、香港と手を組み、集結力と協同効果を備えた「深セン・香港科学技術革新特別協力区」を共同建設し、深セン・香港の各自の優位をよりよく活かし、「1+1>2」の協同効果に達成し、努力して、国家オフショア革新の新しい高い所、広東・香港・マカオ大湾区革新発展の新しいエンジン、深セン・香港のクロスボーダー深度協力の新しいサポートポイント、国際化革新協力の新しいプラットフォームとなり、香港が国家発展の大局に融け込むことを助力します。

深セン・香港の若者コミュニケーション協力

深センは科学技術革新と地縁・地域の優位を十分に活かし、深セン・香港の若者の発展需要に焦点を当て、深セン・香港の若者の実習、創業、就業、生活などの面において、細かく深耕し、深セン・香港の若者の革新創業拠点、前海深セン・香港の若者夢工場など双創プラットフォームを作り出し、引进香港の創業チームを176社導入し、融資額は累計で15億元超えました;4年間連続し、広東・香港・マカオ大湾区の若者の実習計画を展開し、累計で2000余りの実習職場を提供し、香港学生を2万人余り接待し、コミュニケーション・学習しに来ました;2年間連続し、広東・香港・マカオの若者革新創業試合、深セン・香港の若者革新創業コミュニケーション日、深セン・香港・マカオの若者文化コミュニケーション芸術シーズンなどブランドイベントを催し、香港・マカオの青少年が国家に対する共感と求心力を増強し、香港・マカオの若者が積極的に国家発展の大局に融け込むことを推動します。

深セン・香港の民生協力

香港・マカオ地域の長期的な繁栄と安定をサービスするパイオニア都市として、深センはいつまでも高度重視し、且つ積極的に深セン・香港が教育、医療など分野において、着実に実行する協力を推進し、努力して、両地の民生福祉を増進します。教育の面において、我が市は初めて香港・マカオ籍の適齢子供が公営学校に入学することを許可する政策を推し出した内地都市です。医療の面において、内地の初の「香港モード」を採り入れ、運営する公立病院——香港大学深セン医院が2012年に使用に投入し、深セン・香港医療協力の象徴的な成果です。当該病院パイロットの「香港年配者医療券」計画は、目下すでに延べ9300人以上があり、券により、病院で医療サービスを享受し、幅広い好評を獲得しました;内地の第一家香港独資の専科病院——深センシマリング順潮眼科医院は2013年に開業し、国際で進んだ治療技術と成熟した香港式サービスを内地に導入し、且つすでに2018年に香港で上場しました。

前海蛇口自由貿易エリア

2015年4月27日に看板を出し、設立し、中国(広東)自由貿易試験区の一部で、エリアの総面積は28.2平方キロメートルで、前海ブロック(15平方キロメートルで、前海湾保税港エリアの3.71平方キロメートルを含む)と蛇口ブロック(13.2平方キロメートル)に分けられます。深セン市場化、法治化や国際化の優位と経験を借りて、21世紀海上シルクロードの戦略サポートポイントの役割を活かし、深セン・香港という両地のリソースを整合し、グローバルハイエンド要素を集結し、金融、現代物流、情報サービス、科学技術サービス及び専門的サービス、港サービス、水上輸送サービスやその他戦略的な新興サービス業を重点的に発展し、深セン・香港経済の融合発展を推進し、アジア太平洋地域の重要な生産生产性サービス業センター、世界サービス貿易の重要拠な拠点や国際性中枢港を作り出します。

2018年に前海都市の新しいセンター企画の最適化を完成し、都市の新しいセンター建設三年間行動計画を実施し、産業と都市の融合を際立ち、量を減らし、品質を引き上げ、山海を統合し、住みやすさが優先的で、機能と環境の「ダブル向上」工事、媽湾の海を跨ぎ通路の着工など重大なプロジェクトを推進します。深セン・香港の協力特別項目行動を展開し、香港企業の総数は1万社超え、登録資本は1万億突破し、前海の税金収入に対する貢献は1/4に近く、香港取引所前海聯合取引センターは開業し、新華養老保険など一陣本部プロジェクトが定住し、深セン・香港基金の町が使用に投入し、前海若者夢工場は香港・マカオ若者創業チームを31新しく導入しました。前海の開発開放の高品質発展を速める措置を推し出し、11項制度革新成果を全国でコピー・普及します。前海の開発開放の成果は習近平総書記の充分てきな肯定を獲得しました。

大湾区の建設

広東・香港・マカオ大湾区(Guangdong-Hong Kong-Macao Greater Bay Area)(GBA)は香港、マカオという二つ特别行政区と広東省広州、深セン、珠海、仏山、恵州、東莞、中山、江門、肇慶(珠江デルタ九つ市)からなり、総面積は5.6万平方キロメートルで、2018年末の総人口はすでに7000万人にも達し、中国で開放程度が最も高く、経済活力が最も強い地域の一つで、国家発展の大局中において、重要な戦略的地位を備えます。

広東・香港・マカオ大湾区の建設を推進することは、習近平同志を中核とする党中央が作り出した重大な意思決定で、習近平総書記は自ら企画し、自ら手配し、自ら推動する国家戦略で、新時代に全面的な開放の新しいパータンを形成することを推動する新しい措置であり、「一つ国両制度」事業発展を推動する新しい実践でもあります。広東・香港・マカオ大湾区の建設を推動することは、内地と香港・マカオのコミュニケーション・協力を深化することに資し、香港・マカオが国家発展戦略に参加し、競争力を引き上げ、長期的な繁栄・安定を保つに対して、重要な意義を備えます。

2017年7月1日、習近平は『深化広東・香港・マカオ協力を深化し、大湾区建設を推進する枠組協議』の調印式典に出席しました。2019年2月18日、中国共産党中央、国務院は『広東・香港・マカオ大湾区発展企画要綱』を印刷・発行しました。企画要綱に従い、広東・香港・マカオ大湾区は活力に満ちた世界レベル都市群れ、国際科学技術革新センター、「ワンベルトワンロード」建設の重要なサポート、内地45と香港・マカオの深度協力示範区を建設するだけではなく、また、住みやすい・就業しやすい・旅行しやすい優れた生活サークルを作り上げ、高品質発展のモデルとなります。香港、マカオ、広州、深センという四大センター都市を地域発展のコアエンジンとします。

深センは主に経済特区、全国性経済センター都市や国家革新型都市とするリーダーの役割を活かし、努力して、世界で影響力を備える革新クリエイティブの都を建設します。

開放型経済

先立って、ビジネス経営環境改革を深化します。ビジネス経営環境改革政策措置を20条推し出し、企業の開始時間を9日間から4日間まで短縮し、輸出通関、外国人ビジネスマンの登記・ファイリング時間はそれぞれ69%、60%圧縮し、企業の輸出税金の払い戻す時間は20%圧縮し、12項不動産登記業務は一時間取り扱い済みを実現し、政府投資プロジェクトは立案から、施工の許可・承認まで、元の267の営業日から90の営業日以内に減少し、社会投資プロジェクトは33の営業日以内に制御しました。ビジネス経営環境の最適化は、革新創業の活力を更に増強し、通年企業を新しく29万戸設立し、総量は11.6%増です。新しく増加した会社は16社で、新しく導入した認可された金融機関は26社です。

新しく設立した外国人ビジネスマンが投資した企業は、1.2倍に近く成長し、実際的に外資を82億米ドル利用し、11%増で、直接な対外投資は118%増です。「ワンベルトワンロード」沿線の市場に対する輸出入額は9.9%増で、中国パプア・ニュ—ギニア友誼学校を建設済み、パプア・ニュ—ギニアラム二期水力発電などプロジェクトの推進を速め、深セン-ベトナム海防協力区一期工事が完工します。

対外コミュニケーション

国家の総体外交を積極的にサービスする   2018年、深センは合計で、各類重要な外国人訪問グループを延べ396陣3689人接待し、その中にドイツ総理のメルケル、フランス総理のエドワードフィリップ、タンザニア総理のマジャリバ、日本の衆議院議長の大島理森、トリニダードとトバゴ総理のキースロリ、バヌアツ総理のエルサルビなどを含みます。深センは上述の重大な外事接待任務を円満に完成し、我が国の改革開放と経済特区の発展成就を積極的に宣伝し、深センの物語、広東の物語、中国の物語をうまく語り、有力的に国家の総体外交と取り合わせ、中央の対外方針と戦略手配を着実に実行することを確認します。

中国共産党と世界政党高層対話会特定のテーマ会議   2018年5月26日から28日まで、中国共産党と世界政党高層対話会特定のテーマ会議は、深センで成功に催され、特定のテーマ会議は、「中国共産党の物語——習近平の新時代に中国特色社会主義思想が広東での実践」特定のテーマ宣伝・紹介会、マルクス誕辰200周年を記念する特定のテーマ検討会、第四期中国・アフリカ若者リーダーフォーラム、第二期中国・ラテンアメリカ・カリブ諸国共同体政党フォーラムや初期上海協力組織政党フォーラムを含み、中国共産党中央総書記、国家主席習近平はマルクス誕辰200周年を記念する特定のテーマ検討会へお祝いの手紙を致し、特定のテーマ会議期間でまた、広東改革開放40周年成就ショーと深セン科学技術革新成果ショーを催し、合計で114の国家と地域から来た207の政党と組織の503人政党リーダーは23回会議と20回余りの両国間会談に参加しました。

国際友好都市

深センは目下グローバル55か国と地域の86の都市(地域)と友好都市や友好コミュニケーション都市に結び、米国ヒューストン市、ブラジルサンパウロ市、ドイツニュルンベルク地域、フランスヴィエヌ省、日本筑波市、カンボジア金辺市、オーストラリアブリスベン市、トーゴロメ市などを含み、国際友好都市「モーメンツ」はグローバルで至る所にあり、だんだんとレイアウトが合理的な都市の対外行き来ネットワークシステムを形成します。深センは絶え間なく国際友好都市と経済貿易、文化、科学技術、職業教育など分野において、着実に実行する協力を推進し、全方位的、マルチ階層で、広い分野において、民間外交、都市外交、公共外交を展開し、都市発展が必要とするハイエンドリソースを導入し、深センの対外交流仕事は絶え間なく新しい局面を開創することを推動します。