文化・芸術
深センは「文化で市を立つ」戦略を実施することを堅持し、文化の強い市の建設を速め、精神文明と物質文明の調和の取れた発展を推動し、現代的公共文化・体育サービスシステムの構築を速めます。近年以来、深センがユネスコに「グローバル全民閲読モデル都市」という称号を授与されました。全市で各類公共図書館が650座あり、公共図書館の総貯蔵量は4295.80万冊(件)で、博物館、記念館が50座、美術館が11座、放送局が1座、テレビ局が2座、放送センターが3座あります。
文化革新の発展をしっかりとつかみ、文化事業と文化産業の盛んな発展を推動し、都市のソフト実力は更に増強し、全国文明都市が「五連覇」を創建することを実現します。成功に「大潮が起こり、珠江——広東改革開放40周年展覧」、「夢を追う——改革開放の再出発」夕べなど重大なお祝いイベントを催し、文化産業博覧取引会、図書館取引会、中国設計大きな展示会、深セン国際マラソン、深セン科学技術映画・テレビ週、深センファッション週、深セン・香港都市建築双城双年展、第一期海峡両岸学生野球リーグ決勝戦、中国カップヨットレース、深セン設計週及びグローバル設計大賞、「ワンベルトワンロード」国際音楽シーズン、深セン読書月などイベントは都市文化ブランドを明るくさせます。目下、全市で文化企業を5万社に近く持ち、従業人員は90万人超え、その中で、規模以上の企業は3100社余り、国内外の状況企業が40社余りあり、文化産業の増加値が全市GDPを占める比重は7%超え、文化産業はすでに深センが経済発展方法の転換を速め、社会経済の素早く健康的に発展するのを推動する重要なエンジンとなりました。
当代芸術館が開館し、南山博物館、龍崗三館一城などを建設済み、使用しました。民を便利にさせるフィットネス場所を146、コミュニティ体育パークを12新築しました。オンライン観光客センターは正式に運営しました。深センサッカーチームは中国サッカー協会スーパーリーグに昇格し、深セン選手は第18期アジア競技大会上で4金5銀3銅の優れた成績を獲得しました。WTA年末総決勝戦10年間の開催権を得ました。

文化クリエイティブの優位業界

深センアニメゲーム業の出発は早く、発展は速く、文化ソフトウェアサービス、インターネット情報サービス、デジタルテレビ、デジタル音楽発展の勢いは良好で、テンセント、A8音楽など一陣有名なリード企業が湧き出しました。文化旅行は国内の潮流をリードし、華僑城グループ、華強文化科学技術グループは中国の最もクリエイティブと革新能力を備えた有名な文化旅行企業です。中国の最も大きなハイエンド印刷拠点を持ち、国内で60%以上の市場シェアを占めております。プレス出版、放送・映画・テレビ、文化展示会など業界は全国で重要な影響力を備えます。

文博会

中国(深セン)国際文化産業博覧取引会(文博会と略称する)は国際展覧連盟(UFI)が認証した展示会で、国家文化部、商務部、国家プレス出版放送・テレビ総局、中国貿易促進会、広東省人民政府や深セン市人民政府は共同主催し、每年5月に催します。(文博会ウェブサイト:HTTP://WWW.CNICIF.COM/)

設計の都

2008年11月19日、深セン市は正式にユネスコに承認され、グローバルクリエイティブ都市ネットワークに参加し、且つ「設計の都」という称号を授与されました。深センは中国で初の当該ネットワークに入った都市となり、グローバル第六の「設計の都」です。 近年以来、深センの設計は「外に出る」歩調を速め、深センのデザイナーは絶え間なく国際デザイナーとのコミュニケーションと協力を強め、広東・香港・マカオ大湾区とグローバル地域文化センター都市、国際文化革新クリエイティブパイオニア都市建設をめぐり、新時代に「深セン設計」の都市ブランドをヒットし、努力して、世界的な影響力を備えた革新クリエイティブの都となります。

深セン設計週

深セン設計週は深セン市政府に主催され、深セン市設計の都普及オフィスに引き受けされ、ユネスコクリエイティブ都市ネットワークにサポートされ、深セン各設計業界専門協会、設計機関、設計大学、各エリアの宣伝文化システムに引き続きられた大規模な国際性設計盛会です。設計週は每年春に催し、「設計で未来を創造する」を永久的なスローガンとし、深センという都市が設計に対する態度を反映します。2018に深セン設計週に合計で米国、イギリス、フランス、カナダ、イタリア、スペイン、フィルランド、メキシコ、日本、シンガポール、中国香港、中国マカオ、中国台湾など25か国・地域から来た1000人以上のデザイナーは出展や参加し、作品は2500件を超え、引受機関は54社あります。

文化財産権取引所

深センは国内で比較的に早く( 2009年)文化財産権取引所を設立し、深センが第二大株主とする中国文化産業投資基金はすでに開業・運営し、深センは国内で最も重要な文化財産権取引と投資・融資サービスセンターの一つとなりました。

大芬油絵村

龍崗区布吉街道に位置しており、面積は4平方キロメートルです。1989年、香港画商である黄江は十数人画工を連れて、入居し、民家を借りて、油絵の卸売生産と販売を行い、少なからず画商、絵師や画工が来ることを引き付けました。目下、大芬油絵村で規模の比較的大きな会社が40社余りあり、ギャラリー、スタジオ及び絵画材料を経営する店が800家余りあります;大芬油絵村及び周りの油絵産業の従業人員は約1.5万人で、すでに油絵の生産、創作、展示、取引、トレーニング及び旅行レジャーなど機能を一体と集めた特色ある文化産業拠点を初歩的に形成しました。

観瀾版画村

中国新興木彫り運動の先駆者、有名な版画家、美術理論家である陳煙橋の故郷—龍華区観瀾街道牛湖コミュニティに位置しており、深センの十大客家古い村落の一です。観瀾版画村は現代版画工房を客家古い村落と結び合い、ユニークな特色を備えた文化元素を形成し、セット施設が完璧で、環境が美しく、良好な社会、経済効果の国家レベル文化産業示範拠点を備えます。

文化イベント

深セン都市文化メニューは『深セン文化革新発展2020(実施案)』の重点的なプロジェクトと任務で、深センの通年代表性を最も備えた文化ブランドイベントの大集結で、深センは努力して、現代化国際化革新型都市や国際科学技術、産業革新センターとマッチし合い文化の強い市を作り出す重要なマークです。この「メニュー」は合計で国際化、象徴的なブランド文化イベントを28項収録し、内容は文化芸術、クリエイティブ設計、科学技術革新、体育レジャーなど複数の類別をカバーし、少なからずイベントは中国の対応的な分野の最も高い水準を代表します。素晴らしく、鮮やかな文化イベントは每年1月から、ずっと12月まで持続し、深セン市民は「月ごとにテーマあり、通年とも素晴らしい」文化生活の新しいモードを体験します。