ホーム
観光スポット
現地ツアー線路
伝統文化祭
交通
深センについて
深センについて

    深センは中国対外開放の重要な国際ポータル都市であり、中国改革開放と現代化建設の素晴らしい縮図である。
  ■地理位置
  深センは中国南部海浜都市であり、香港に隣接している。北回帰線の南に位置し、東経113°46′~114°37′、北緯22°27′~22°52′である。広東省南部、珠江口東岸に位置し、東が大亜湾と大鵬湾に隣接し、西が珠江口と伶仃洋に隣接し、南が深セン河で、香港につながり、北が東莞、恵州に隣接する。広い海域は南海と太平洋につながる。

  ■自然資源
  深セン市の土地総面積は1952.84平方kmである。
  全市では、様々な川310本余りがあり、それぞれ東江、海湾と珠江口水系に属する。現有の水貯蔵工事が220件余り。そのうち、ダムが172ヶ所。ダムの水貯蔵体積が合計5.79億立方メートル。市区東部の深センダムは、合計の水貯蔵体積が4000万立方メートル余り、深センと香港居民の生活用水の主要来源である。
  深センは海岸線全長230kmで、海洋資源が豊富で、優良な海湾や港を備え、海運条件が優れている。深センでは、山脈が延々と続き、風景がきれいだ。最高峰が943.7メートル。天然観光資源が豊富で、東部に大小梅沙、大鵬半島郊野森林などゴールドコースト風景があり、西部にマングローブ、内伶仃島自然保護区と海上田園風景など風景区がある。

  ■歴史概要
  「深セン」地名は最初に1410年(明永楽八年)に記載され、清朝初年に建てられた。現地では、田野間の水溝は「圳」や「涌」と言われている。深センは、川が多く、村落の隣りに深い溝があるので、名付けられる。深センは鵬城とも呼ばれる。
  1979年、中央と広東省は深セン市の設立を決めた。1980年8月、全国人大常務委員会は、深セン市で経済特区を設置することを承認した。
  深センの経済特区発展歴史は僅か30年間だったが、6700年余りの人間活動史(新石器時代中期に先住民が深セン土地で生息した)、1700年余りの郡県史、600年余りの南頭城、大鵬城史と300年余りの客家人移民史がある。

  ■行政区画
  深センは中国広東省省轄市、国家副省級計画単列市である。深センは6つの行政区と二つの新区を管轄している:羅湖区、福田区、南山区、塩田区、宝安区、竜崗区、光明新区と坪山新区。2010年7月1日から、深セン経済特区範囲は全市に延伸した。

  ■人口構成
  深センは、南宋末年から移民が居住した。建市後、人口成長が迅速だった。2010年末、常住人口が1035.79万人。そのうち、戸籍人口が251.03万人。流動人口を含む総人口数が1322万人。

  ■移民文化
  改革開放の窓口と新興移民都市として、独特な地方と人文環境に加えて、深セン文化は開放性、包容性、革新性を持っている。深センは、国内外のエリートの創業?発展に最も適する活力の都である。近年、深センは相次いで関連機構によって中国「最も経済活力を持つ都市」、「最も出稼ぎ労働者に愛顧される都市」と選ばれた。中国社会科学院の発布した《2011年中国都市競争力ブルーブック》には、深センの総合競争力は全国第四位である。2010年、《フォーブス誌》中国語版は、深センを「中国大陸で最も革新能力を持つ都市」と選んだ。

  ■言語文字
  深センは普通話を主要言語とする。多くの公共サービス機構、専門人士と工商業界は、英語でサービスを提供できる。ほとんどの青少年は、英語、広東語を話せる。全市では「百万の市民が外国語を話す」など多くの形式の外国語学習活動を展開し、公共サービスの外国語普及率を高め、市民の外国語応用能力を向上させている。


  ■気候状況
  深センは亜熱帯海洋性気候であり、温かくて快適で、降水量が豊富である。平年平均気温が22.4℃、無霜期間が355日、年間平均降雨量が1933.3mm、日照時間が2120.5時間。

  ■市樹、市花
  深センの市樹は茘枝とマングローブである。
  深センの市花はシャクナゲである。

  ■都市発展の位置付け
  中国政府の発布した《珠江デルタ地区改革発展計画概要》は、深センを「国家総合関連改革パイロット区」、「全国経済センター都市」、「国家革新型都市」、「中国特色社会主義模範市」と「国際化都市」と位置付けた。




 
Copyright@ 2005 - 2011 www.shenzhentour.com All Rights Reserved