ホーム
深センについて
観光スポット
現地ツアー線路
伝統文化祭
深センの交通
国際空港
地下鉄
列車
バス

 
    深セン宝安国際空港は、中国国内で海運、陸運、空運を一体化した現代化国際空港であり、中国初でトランジット輸送方式を利用する国際空港である。深セン宝安国際空港は1991年10月に正式に開通した。現在にかけて、深セン宝安国際空港では、国内外航空路合計151本が開通され、国内外102都市に直通し、合計9社の旅客運送?貨物運送基地航空会社がある。
    開通以来、深セン宝安国際空港旅客スループットと貨物郵便スループットは急速に成長し、連続長年で全国で第四位の空港の地位を維持した。旅客運送において、1996年12月、深セン宝安国際空港は、国内第四位の空港となった。2003年、旅客スループットは延べ1000万人を上回り、正式に世界空港トップ100ランキングに入った。2007年、深セン宝安国際空港旅客スループットは延べ2000万人を上回り、「世界の最も忙しい空港」ランキングに入った。2013年、深セン宝安国際空港の旅客年間スループットは延べ3000万人を上回り、延べ3226.84万人に達した。貨物郵便スループットが91.36万トン、航空便離陸?着陸が延べ25.75万台となった。貨物運送において、2011年3月、深セン宝安国際空港は、世界の権威的な貨物運送雑誌《Air Cargo News》から世界「年度ベスト貨物運送空港」賞を受賞した。この賞を受賞した国内初の空港となった。
    2011年、長さ3800m、幅60mの空港第二滑走路は使用に投入された。この滑走路の飛行レベルは4Fであり、世界最大型旅客機の離陸?着陸が可能だ。そのうち、「空中ビッグマック」——エアバスA380を含む。2013年、深セン空港新ターミナルは正式に使用され始め、深センの発展を促進した。新ターミナルは、ターミナル本館、十字廊下ホール、遠期衛星廊下など三つの部分に分けられる。敷地面積が19.5万平方メートル。南北長さ1128m、東西幅640m、総建築面積45.1万平方メートル。「ゲートに近いスペース」合計62個と主体に近い「ゲートに遠いスペース」14個が提供される。
    「安全優先」、「航空城」、「深港連携」、「国際化」、「速達集散センター」は深セン宝安国際空港「第12回五カ年計画」の五つの戦略である。

 
 


 
    深セン駅は中国深セン市羅湖区に位置し、羅湖口岸に隣接し、広深鉄道の南端起点である。深セン駅は1950年に建てられ、1990年6月に改築され、1991年10月に使用に投入された。改築後、列車線が100本余りに増加し、建築面積が9万平方メートル。毎日、多くの列車は深センと中国国内各大都市との間に走行する。深セン駅付近は深セン地下鉄1号線(羅宝線)の起点羅湖駅と羅湖辺境検査ビルである。旅客は羅湖辺境検査ビルで出国手続きを取り扱ったら、香港で九広東鉄に乗って、九龍や香港東部の新市鎮に行くことができる。

    深セン北駅は深セン唯一の特等駅であり、広東省深セン市宝安区龍華新区民治街道に位置し、敷地面積が240万平方メートルである。深セン北駅は深セン鉄道「二つの主要駅、三つの補助駅」旅客運送レイアウトに最も中心的な駅であり、中国で敷地面積が最大で、建築面積が最も多く、乗り換え機能が最も完備している特大型総合交通ハブであり、中国鉄道新型ターミナルのランドマークである。 深セン北駅は広深港高速鉄道(京港客運専線南段)深茂高速鉄道、及び厦深客運専線(杭福深客運専線南段)の交差点と旅客運送ハブであり、深セン地下鉄4号線(龍華線)、5号線(環中線)、6号線と深莞インターシティー線、深恵汕LRTの駅であり、2007年に建設され始め、2011年6月22日に試運転した。

    深セン東駅は広東省深セン市竜崗区布吉街道に位置し、広深鉄道と京九鉄道の旅客運送?貨物運送駅である。前身が布吉駅だった。改造後、2012年12月21日に使用され始めた。深セン東駅は東が竜崗大道に隣接し、西が吉華路に隣接し、総敷地面積が約12.7万平方メートルであり、主に深セン地区から江西、湖南、湖北などに通じる中長距離一般列車の起点駅と終点駅である。厦深鉄道が開通した後、一部の厦深鉄道高鉄列車は深セン東駅に止まった。深セン地下鉄3号線(竜崗線)と5号線(環中線)の「布吉」地下鉄駅は深セン東駅で乗り換え可能で、交差した。


 
    現在、深センでは、公共バス線路約1000本がある。深センバスを経営する会社:東部バス(Eastern Bus)、西部バス(Western Bus)、バスグループ(Bus Group)など。
    2014年2月10日にかけて、深センのバス線路は1000本以上となった。中国本土のほとんどの都市と違って、深センはバス線路を系統的に区分した。深センバスは、幹線(Main-Line)、支線(Branch)、急行バス(Express)、インターシティー(Inter City-Bus)夜行バス(Night)、ラッシュアワー、観光線など様々なタイプのバスを含む。様々なタイプのバスの車体色と線路命名は一般的に違う。
    幹線(Main-Line):バスが青色車体で、主に主幹道路に走行し、線路距離が一般的に15KM以上。線路命名が000、M000、000A、000B、000区間など(000が数字を表し、Aがアルファベットを表す)。例えば、1、101、M341、103B、234区間は幹線バスである。
    支線(Branch):バスがオレンジ色車体で、主に支線道路に走行し、線路距離が一般的に10KM以下。バス停が少ない。線路命名がB000(000が数字を表す)。例えば、B600、B857などが支線バスである。
    急行バス(Express):バスが緑色車体で、主に高速道路、都市快速道路に走行し、線路距離が一般的に30KM以上で、バス停が少ない。線路命名がE00、K000、J0(0が数字を表す)。例えば、E1、J1、K538などが急行バスである。
    インターシティーバス(Inter City-Bus):インターシティーバスは、深センから香港、広州、東莞、恵州など近くの都市へ行くバスである。深センのインターシティーバスは:長68、長69、長328、長58、長21、長19、長18、長16、康11、深恵1、深恵2、深莞1、深莞2、専営バスB2、深恵3A、深恵3、深恵3海浜支線、専営バスB3、専線ミニバス618号、福7、康7、専線ミニバス618号など。
    夜間バス(Night):夜間、深夜だけに走行するバスであり、命名がN00(00が数字を表す)である。例えば、N1、N20など、全てが外部車である。
    ラッシュアワー線、高速バス:命名はラッシュアワー線X、高速バスX(Xが数字を表す)である。平日の通勤ラッシュアワー期間に走行する。幹線の渋滞区間を分担し、迅速に乗客を分流させるためだ。
    捷運バス:命名がJ0(0が数字を表す)である。2本の線路だけ開通された。ただし、J2がキャンセルされた。
    ホリデー線:命名がH00(00が数字を表す)である。H92しかない。
    ヒント:中国本土の他の都市のバス線路の命名と違う。初めて深センに来る旅客は、乗車時と待つ時に注意しなければならない。線路の数字やアルファベットが一つ多い、一つ少ない、文字順が取り替えると、異なる線路である可能性がある。「六約地下鉄駅」を例とし、309路もM309もこのバス停があるが、309路(駅西広場—坪地匯源工業区)、M309路(横崗—崗頭ターミナル)の線路方向が全然違う。
Copyright@ 2005 - 2011 www.shenzhentour.com All Rights Reserved