ホーム
深センについて
観光スポット
現地ツアー線路
伝統文化祭
交通
市民センター
深セン市福田区福の中三道
人造の景観
画像
紹介
    深セン市民センターは深セン中心区の福田区に位置し、敷地面積が91万平方メートルで、北が蓮花山で、南が中央ビジネスエリアに向かう。インテリアデザインはJ&A姜峰インテリアデザイン有限公司によって設計された。建築デザインは米国Lee•Timchula建築士事務所によって設計された。建築面積が21万平方メートルで、総投資額が25億元RMBである。政府、人民代表大会、博物館、会場など多機能を一体化した総合建築であり、深センの行政センター、市政府の主な事務機関であり、市民のエンターテイメント活動の場所であり、深セン市政府のイメージを示し、深センの最も象徴的な建築である。
 深センは「大鵬が翼を広げる」場所であり、一貫して改革開放の波の最高点に飛び、改革開放のトレンドをリードし、国際大都市のイメージを構築していた。
深セン市民センターは市政府の主な事務機関であり、市民のエンターテイメント活動の場所である。現在、深センの最も象徴的な建築となり、深セン市政府のイメージを示す。
深セン市民センターは、設計から建造まで、現代都市理念と時代特色を備え、「大鵬が翼を広げる」をマークとして、波線が「雲の翼」のように、深センの発展が「大鵬が翼を広げる」のようなことを示し、革新のチャレンジ精神を持つ。曲線は、親和感を与え、視覚的衝撃力が強く、韻律性に富み、政府各部門の協調的な高効率運営、深セン市各業界の協調的な高速発展を示す。
深セン市民センターの竣工で、深セン中心区計画建設は重大な段階的成果を取得した。中心建築の市民センターの竣工で、深セン市政府の計画した都市中心区——「都市リビングルーム」という構想は、二年内に完成する見込みである。その時、ニューヨークの有名な「セントラルパーク」に匹敵する。竣工後の都市中心区は、グローバル多国籍企業のビジネス活動に便利で効率的な環境を提供し、市民に良好な公共活動環境を提供し、観光客に美しい観光環境を提供し、各種人員の仕事や生活に快適な空間を提供する。その開発建設は、深セン二次創業のマークであり、21世紀深セン都市建設の象徴である。
Copyright@ 2005 - 2011 www.shenzhentour.com All Rights Reserved