ホーム
深センについて
観光スポット
現地ツアー線路
伝統文化祭
交通
蓮花山公園
深セン市福田区紅荔道
山岳景観
画像
紹介
    蓮花山公園は1992年10月10日に建設され始め、1997年6月23日に正式に一部開放された。深セン市人民政府都市管理オフィスに直属する。これまで、公園で開発?建設され、観光客に開放された面積は60ヘクタールである。グリーン、エコ、自然、調和は、蓮花山公園の基調である。公園主峰に位置する山頂広場は、海抜106メートル、面積4000平方メートルである。鄧小平主席の銅像は広場中央に立ち、中心区の美景を一覧できる。山頂広場は、市民と国内外観光客が一代偉人の風采を追想し、中心区の景色を一覧する最も良い所である。

    蓮花山公園は1992年10月10日に建設され始め、1997年6月23日に正式に一部開放された。深セン市人民政府都市管理オフィスに直属する。これまで、公園で開発?建設され、観光客に開放された面積は60ヘクタールである。グリーン、エコ、自然、調和は、蓮花山公園の基調である。公園主峰に位置する山頂広場は、海抜106メートル、面積4000平方メートルである。鄧小平主席の銅像は広場中央に立ち、中心区の美景を一覧できる。山頂広場は、市民と国内外観光客が一代偉人の風采を追想し、中心区の景色を一覧する最も良い所である。

公園南区には、椰子の木を主とし、熱帯、亜熱帯風景を備える8万平方メートルの椰風林大芝生があり、観光客にきれいな活動空間を提供した。3万平方メートルの人工湖は、水質が澄んで、環境が美しく、公園に霊気を増加した。観光客はボーティングや釣りを楽しめる。東南部には、大面積芝生と微地形を主とする16万平方メートルの凧広場がある。ここで、市民が凧をあげる様子は、深セン市の有名な人文景観となった。東南部の坂に万株の鳳凰木が植えられた。夏になると、鳳凰木の花が咲き、山々が赤くなり、蓮花山の壮大な自然景観である。東北部は面積約15万平方メートルの間伐芝生である。自然的に起伏する芝生と各種の樹木は、付近の住民にきれいなレジャー、休憩緑地を提供した。西北部は蓮花北村に向かう。面積7万平方メートルの芝生には、パンノキ、火炎木、海南小豆、カンパニュラ木、インドネシアは   風铃木、インドネシアエリトリナなど珍しい樹種と大面積の桃が栽培された。公園には、花センターがある。花を気に入る市民はここで花を買うことができる。
公園南区には、椰子の木を主とし、熱帯、亜熱帯風景を備える8万平方メートルの椰風林大芝生があり、観光客にきれいな活動空間を提供した。3万平方メートルの人工湖は、水質が澄んで、環境が美しく、公園に霊気を増加した。観光客はボーティングや釣りを楽しめる。東南部には、大面積芝生と微地形を主とする16万平方メートルの凧広場がある。ここで、市民が凧をあげる様子は、深セン市の有名な人文景観となった。東南部の坂に万株の鳳凰木が植えられた。夏になると、鳳凰木の花が咲き、山々が赤くなり、蓮花山の壮大な自然景観である。東北部は面積約15万平方メートルの間伐芝生である。自然的に起伏する芝生と各種の樹木は、付近の住民にきれいなレジャー、休憩緑地を提供した。西北部は蓮花北村に向かう。面積7万平方メートルの芝生には、パンノキ、火炎木、海南小豆、カンパニュラ木、インドネシアは   風铃木、インドネシアエリトリナなど珍しい樹種と大面積の桃が栽培された。公園には、花センターがある。花を気に入る市民はここで花を買うことができる。
Copyright@ 2005 - 2011 www.shenzhentour.com All Rights Reserved